記事一覧

【CHANEL:シャネルのJ12編②】あなたの時計、見せてください!

【CHANEL:コピー シャネル 代引きのJ12編②】あなたの時計、見せてください!

今回ご紹介するのはCHANEL:シャネルの「J12」。
男女ともに人気がありますよね。

こちらの連載でご紹介するのは2回目です。
第1弾はこちらからチェック!

背景のスイーツとシャネルの腕時計の組み合わせがかわいいです。
こちらは一番ベーシックなタイプのJ12。2019年の新作とお見受けします。
同年のバーゼルワールドで全面リニューアルが発表されて話題を呼びましたね。

スーパーコピー n級 代引き

一見何も変わっていないように感じますが、パーツの約70%が改良されています。
外観で分かりやすいところでいくと、針、レイルウェイ、リューズ、べゼルの溝、ブレスレット、裏蓋などなど。旧型と見比べると面白いですよ。

こちらはクロノグラフを搭載しておりJ12の中でもスポーティーなモデルですね。
クロノグラフは特に男性からの人気が高いそう。シャネルは基本的にウィメンズのラインしかありませんから、腕時計は男性がシャネルのエレガンスを纏う事ができる貴重なアイテムのひとつと言えそうですね。お写真のカップに反射した時計もアートな雰囲気で素敵です。


なんとかわいい! パンダちゃんが、白黒の「J12 パラドックス」を抱えています。
こちらは白のケースを部分的に塗装したのかなと思いきや、実はそれぞれ緻密に切断した黒と白のセラミックのケースをひとつに結合させてできているってご存知でしたか?
ジャケットの腕元からちらっとのぞいている時と、時計全体が見える時のギャップが楽しい時計ですね。

こちらは2020年の新作限定モデル「J12・20」ですね。世界2020本の限定です。
ガブリエル・シャネルやライオン、カメリアの花、麦の穂、シューズ、バッグ、ボタン、香水「シャネル N°5」のボトルといった、メゾンを象徴する20個のモチーフがダイヤルとベゼルに散りばめられています。ポップな感じのイラストが可愛らしく、非常に目を惹きますね。

こちらは2021年1月に発売になった「マドモアゼル J12 アクト Ⅱ」各世界限定555本ですね。ハットとスーツを纏ったマドモアゼル シャネルのチャーム、とっても可愛い!
ベゼルとダイヤルもとっても豪華な仕様ですね。
それにしてもこんなにゴージャスな時計を多数つけこなす男性ってどんな方なんだろう?といつも気になっています。

シャネル スーパーコピーの「J12」いかがでしたか?

これまでたくさんのモデルが出ているので、購入を検討されている方にはじっくり悩んでぜひお気に入りの一本を見つけてほしいです♪

また次回も素敵な投稿をご紹介したいと思います♪

【関連記事】:https://www.site070.com/

ブランド初の「自動巻き」モデルは、超絶ワザの宝石箱だ!

ブランド初の「自動巻き」モデルは、超絶ワザの宝石箱だ!

モリッツ・グロスマンのブティックが建つのは、東京・文京区小石川の播磨坂の、坂を下がりきるちょっと手前。元は倉庫だったという建物を改装したブティックは、高いエントランスと、その両脇のグリーンウォールが、瀟洒で落ち着いた雰囲気です。

この辺りは桜の名所としても知られる閑静なエリア。代引き スーパー コピー坂道沿いの広い通りの中央には、やはり広くてゆったりとした遊歩道があり、地元の人たちの憩いの場になっています。

前回訪れたときには夏真っ盛りで太陽が暑く眩しかったですが、今回は真冬の冷たく凍った風が吹き抜け木々の枝を揺らしていました。そんな四季折々の景色や空気を味わえるのも、モリッツ・グロスマンのブティックを訪れる楽しみのひとつなのですね。

さて。今回、取材したのが、まず「ハマティック」。モリッツ・グロスマンの初の自動巻きモデルです。

ハマティック
スーパーコピー n級 代引き
自動巻き、18KRGケース、ケース径41mm、アリゲーターストラップ、日常生活防水。550万円(税抜)

ハマティック

自動巻き、18KWGケース、ケース径41mm、アリゲーターストラップ、日常生活防水。550万円(税抜)

次が、角型モデルの「コーナーストーン」の限定モデル。

ひとつは東京ブティックの限定モデルで、エナメルダイヤルのブルーのインデックスに色合わせしたブルーアリゲーターを採用。さらにドイツ製のミラネーゼブレスレットが付属するというのがチャームポイントです。

コーナーストーン 東京ブティック限定モデル

手巻き、SSケース、ケースサイズ46.6×29.5mm、アリゲーターストラップ(SSミラネーゼブレスレット付属)、日常生活防水。東京ブティック限定3本。330万円(税抜)


「コーナーストーン 東京ブティック限定モデル」には、このSSミラネーゼブレスレットが付属。ブレスレットはモリッツ・グロスマンでは初で、そういう意味でも、魅力的です。

もうひとつが、四国・高松の名店であるアイアイイスズのスペシャルモデル。シルバー製のシャンパンダイヤルに、特別仕立ての針が特徴。時分針と秒針が、すべてブラウンバイオレット、ブラウンとブラウンバイオレット、ブラウンバイオレットとブラウン、すべてブラウン、という全4モデルで各1本限定です。

コーナーストーン アイアイイスズ スペシャルエディション

手巻き、18KWGケース、ケースサイズ46.6×29.5mm、アリゲーターストラップ、日常生活防水。アイアイイスズ限定各1本。390万円(税抜)

そして最後が、モリッツ・グロスマンの復活12周年を記念し、2020年に発表された特別モデル。伝統技法のシルバーフリクション コーティングによるダイヤルが大きな特徴。旧ロゴも格好よくて、これは心から欲しかったです。

Ⅻバースデーエディション

手巻き、SSケース、ケース径41mm、アリゲーターストラップ、日常生活防水。世界限定6本。270万円(税抜)



ですが残念ながら、既に完売。うーむ、モリッツ・グロスマンはどれも稀少だから、頻繁にブティックを訪れないとダメですね。ということで、また近々、見にきます。遊歩道を散歩するのも楽しいですしね。

【ブティック情報】
モリッツ・グロスマン ブティック
住所:東京都文京区小石川4-15-9
営業時間:11:00~19:00 → 12:00~18:00(※短縮営業中)
定休日:日曜、月曜
電話:03-5615-8185

【問い合わせ】
モリッツ・グロスマン ブティック
03-5615-8185

時計のプロは私物の時計をどう選んでいるの? 

時計のプロは私物の時計をどう選んでいるの? 
スーパーコピー n級 代引き
丸山が買うべき時計、教えていただけませんか。
いいですよー!と二つ返事でご協力して下さったのは和歌山本店の3名のスタッフの
方々です。日々お客様と接し、多くの人気ブランドについて最新の知識を持つロレックス コピー時計のプロからのオススメなら間違いないでしょう。


左:藤井さん、中央:丸谷さん、右:田中さん
といいつつも、東京は緊急事態宣言下。それならリモートでお願いしちゃえ! ということで丸山のオフィスからお届けします。腕時計愛に、ディスタンスはありませんから!

プロ愛用の腕時計が知りたい!

丸山に一本選んでいただくのはもちろんですが、せっかくならご自身のお仕事のパートナーでもある愛用の腕時計についてもどんな風に選んだのか教えていただきたい! それから普段どんな風にお仕事をしているかも見てみたい……そんな丸山のワガママな要望にみなさん笑顔で応えてくださいました。さすがプロです!!

oomiya 和歌山本店はこんなお店
今回アドバイスをいただく、oomiyaさんの和歌山本店。


とっても広いとはお聞きしていましたが、まるで海外の高級デパートのような雰囲気! さすが総売場面積250坪を誇る、国内最大級の専門店だけあります。「ロレックス」「ウブロ」「カルティエ」「シャネル」「パネライ」「IWC」「ブライトリング」「フランク ミュラー」「グランドセイコー」と人気ブランドが目白押しですね。


画面越しでもこの高級感です! これは一人で足を踏み入れるのはちょっと緊張しちゃうかも!?

お待ちかね、プロの時計見せてください!
さっそく、順番にお話を伺っていこうと思います。


トップバッターは藤井さん。優しい笑顔の藤井さん、oomiyaさんに入社して4年目です。

温かいサービス精神がやりとりの端々から伝わってきて、PC越しの丸山も緊張をほぐしていただきました。ご同業から転職されてきたので、時計業界にいた経験はもう少し長いそう。


手元に光るのは「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ」。カレラと言えばタグ・ホイヤーのなかでも随一の人気を誇るモデル。さっそくプロの私物時計について、リモート取材、スタートです。

丸山:はじめまして! 本日はどうぞよろしくおねがいします。藤井さんが、数あるブランドの中からこの時計をご自身用に選んだ理由を教えていただけますか。

藤井:よろしくお願いいたします。デザインのカッコよさ、価格、スペックとすべてのバランスが取れているところですね。 ブレスレットとラバーベルトの付け替えにより、オン・オフどちらでも楽しめるところも良いと思います。

実はつけているとお客様からどこの時計かという質問をされることも多いんです。そこからお話が広がってタグ・ホイヤーを目的のご来店ではなかったお客様がお買い上げくださることもしばしばあります。

完全自社ムーブメントでパワーリザーブ80時間を誇り、同価格帯の他ブランドと比較してもコストパフォーマンスの良さがわかっていただきやすいのもこの時計の大きな魅力ですね。


丸山:藤井さんが購入されたのはいつごろですか。

藤井:2年程前です。実はこの時計にはとても嬉しいエピソードがありまして。ある時、男性二人でいらしてくださったお客様が私の時計を見て、とてもいいね、とその場でお二人とも同モデルの色違いを購入してくださったんですよ。


丸山:藤井さんの私物時計を見たお客さんが、そのモデルを購入されたとは……。お仕事にもよい循環があって、さすがはプロです! ところで、お客様といい関係を築くために藤井さんが心がけているのはどんなところでしょうか。

藤井:時計に関することに限らず、お客様が興味あることにアンテナを張って、たくさんコミュニケーションをとりリラックスして過ごしていただける雰囲気を作る事ですかね。今日はきっとお客様に楽しい時間を過ごしていただけたな、と思った時に時計も購入していただく事が多いように感じますね。

丸山:和歌山本店のお客さまはどんな方が多いですか。

藤井:華やかなものがお好きな方が多い印象です。やはりキラキラしたものには心惹かれてしまいますよね。私も次の時計はウブロを考えています!

丸山:藤井さんが時計業界に入ったきっかけはなんでしょうか。

藤井:20代の頃、時計を好きになって、ファッションとして時計がコーディネートに占めるウェイトは思ったより大きいなと感じた事ですね。

丸山:時計だけがまばゆい方ってやっぱりちょっと残念ですよね(笑)。ファッションとの相性を考えて勧めてくださるスタッフさんがいれば安心です! ところで、藤井さんが次に私物で狙っている時計について教えてください。


藤井:ウブロの「スピリット オブ ビッグ・バン メカ-10 ブラックマジック」です。手巻きで
自動巻きのローターが無い為、奥まで見える完全スケルトンが目を惹いてかっこいい! このモデルは、ワンクリックでベルト交換できるところも実用的で良いですよね。

丸山 :おおー、これはかっこいい! 大人の男性にも似合うウブロですね。

最後に、私にもお店で扱っていらっしゃる時計の中から一本似合いそうなものをおすすめしていただけませんか?


藤井:丸山さんにオススメなのはパネライの「ルミノール ドゥエ」。38㎜の金無垢で赤いベルトのものをぜひ着けていただきたいですね。できる女性がこういうラグジュアリーな時計を着けていると、周りに興味を持ってもらえると思うのでぜひ! すごくお似合いになると思いますよ。

丸山:実は……先日パネライさんのブティックへ取材でお伺いした際に可愛いなぁと思って試着したんです! プロからそんな風にもオススメされるとますます欲しくなっちゃいますね。

二人目のプロは丸谷さん。

次にお話をお伺いするのは丸谷さん。ひとつひとつの質問にとっても丁寧に応えてくださるので、大きな買い物をするときにはぜひご相談したい! そう思える方です。


丸谷さんの華奢な手首を飾るのはお気に入りの「タンク ルイ カルティエ」。2年ほど前に購入されたそうです。カルティエのタンクは男性からも女性からも不動の人気がありますよね。

丸山:丸谷さんがこの時計をパートナーに選んだ理由を教えてください!

丸谷:100年以上の歴史があって、デザインがずっと変わらないところです。タンクのタイムレスなデザインは長く使えるところがやはり魅力的だなと。ゴールドのケースにブラウンの革ベルトの組み合わせも可愛くて気に入っています。

この時計は手巻きで放っておくと2日も経たずに止まってしまうのでこまめに手入れが必要ですが、そこが愛しく感じますね。


丸山:知的な丸谷さんの雰囲気にピッタリ! 手巻きの時計は面倒くさいと思うか、愛しいと思うか、その人の個性が出ますよね。愛しいと思える丸谷さんは素敵です。この時計はベルトを替えたらまた雰囲気が変わりそうですね。

丸谷:ありがとうございます。購入した際にネイビーのレザーで替えベルトを一本作りました。実は先日もグリーンとグレーをオーダーしたばかりなんです!

丸山:出来上がって来るのが楽しみですね! ちなみに次に欲しいと考えている時計はありますか。


丸谷:私は革ベルトの時計が好きなので、先ほど藤井が丸山さんにおすすめしていたパネライの「ルミノール ドゥエ」がいいなぁと思っています。

丸山:こちらはまたシックで素敵♥ パネライのドゥエ、本当にいいですよね!

丸谷さんは以前から時計業界でお仕事を?

丸谷:前職は車の販売店で受付をしていたんです。実は昔、プレゼントを探しに和歌山本店に来た時にとても親切に接客してもらって、いいお店だなぁ……とファンになったのが入社したきっかけです。

丸山:わぁ、まるでドラマみたいに素敵なきっかけですね! その時は何を買われたんですか?

丸谷:「G-SHOCK」です。和歌山は私の地元なのですが、oomiyaってちょっと憧れのお店というか、なかなか簡単に足を踏み入れられない場所のようなイメージがありました(笑)。

丸山:ご自身がそのお店の一員になった後の印象はどうですか。

丸谷:もう入社して6年目になりますが、先輩後輩の距離が近く、スタッフどうし仲が良くとても居心地がいいですね。

丸山:スタッフさんの空気感って、お客様は結構敏感に感じちゃいますよね。さっきからインタビューをしていても皆さん仲良しなのを感じますね! お買いものというよりも、皆さんに会いにいらっしゃる方も多いのでしょうね。


丸谷:ありがとうございます! 丸山さんもぜひ状況が落ち着いたらいらしてくださいね。広い店内でゆったりしていただけると思いますよ。

丸山:先程ちらっと画面に映ったのですが、お店でアイウェアも扱っていらっしゃるんですか。


丸谷:そうなんです! 和歌山では当店でしか扱っていない「アラン ミクリ」や「フォーナインズ」、それから人気の「クロムハーツ」「シャネル」などのメガネフレームも置いています。ジュエリーも取り扱っていて、「フレッド」「ダミアーニ」「フォーエバーマーク」など、丸山さんにお似合いになりそうなアイテムがたくさんありますよ。

丸山:お店で1日過ごせてしまいそう! おじゃまするのが楽しみなような、沼が広がってそうで怖いような(笑)。

丸谷さんからも丸山へのオススメの腕時計を一本選んでいただけないでしょうか。


丸谷:丸山さんにオススメしたいのはシャネル「J12」のブラックですね。私の中で丸山さんは知的な意思の強い女性というイメージなのでお似合いになると思います。

丸山:わぁ、嬉しい!「J12」は昨年がちょうど20周年のアニバーサリーイヤーでしたね。外見は変えずに、しかし大幅にアップデートがされて、話題を呼びましたよね。

ブラックは自分では選ばなかったと思うのでぜひ今度お店に伺ってつけてみたいですね。素敵なレコメンドありがとうございます。

いよいよラスト、3人目のプロは何をオススメしてくれるのでしょうか。

最後にお話を伺うのは田中さんです。ご趣味はゴルフ、歴6年だそうです。前職は、冬は山、夏は海というようなアウトドアに縁があるお仕事をされていたとのこと。時計業界はまだ2年目ながらもご自分の言葉で分かりやすく説明してくださるので、とても親近感が沸きます!

フレンドリーながら、押さえるポイントをしっかり捉えていて、お客様の心をがっちりつかむ接客だなぁと……勉強になりました!!


田中さんの愛用時計はウブロの「ビッグ・バン スチール ブルー ダイヤモンド」。

丸山:ダイヤが眩しいですねえ! でも田中さんみたいな人がしていると嫌味に見えないかも。とても綺麗ですが、まだ新しいですか?

田中:はい。昨年購入したばかりなんです。現在入社2年目なのですが、入ってすぐにこのモデルが欲しいと心に決めていました。思い切って購入しましたが、友人もこの時計を見てウブロが欲しいと言ってくれるので嬉しいです。ちなみに私は、ブルーアリゲーターストラップをホワイトラバーストラップに付け替えています。


丸山:身近な人が褒めてくれると嬉しいですよね。和歌山本店ではどんな時計が人気ですか?

田中:「ウブロ」、「タグ・ホイヤー」、「ブライトリング」がやはり人気がありますね。私の体感ではキャラクターが分かりやすい、着けていると目立つ時計が好まれるようです。それぞれのブランドのコーナーがしっかりと作りこまれているので、世界観を味わいながらゆっくりお客様に過ごしていただけるという点も大きいかなと思います。

丸山:なるほどー! 時計の好みも地域差があるとよく聞くので面白いですね。お客様に気持ちよく過ごしていただくために気をつけていることはありますか。

田中:まず、第一に目を見てしっかりお話すること。それから笑顔を絶やさないことですね。自分のファンになっていただけたらという気持ちでお客様に接しています。

丸山:次に欲しい時計はもう決めていますか?


田中:新作の「スピリット オブ ビッグ・バン メカ-10 キングゴールド」です。上司が着けているところを見てかっこいいなぁと。今着けている時計からグレードアップしたいと考えています!

丸山:これはまたウブロらしいデザインのいい意味で派手な時計ですね。グレードアップしたよ!というお便り、お待ちしています。

最後に丸山にも一本オススメをお願いできませんか。


田中:丸山さんにはシャネルの「ボーイフレンド」をオススメします。八角形のケースが上品で、きっと気にいっていただけると思います。

インターチェンジャブル仕様なので、ご自身でベルトを変えて楽しんでいただけますよ。フランク・ミュラー コピーお仕事の時はカチッとしたブラックのレザーベルト、オフの時はツイードベルトなどと使い分けできるので重宝するはずです。

【関連記事】:https://www.tokeicopys777.com/

【SEIKO:セイコーのプレザージュ編】あなたの時計、見せてください!

【SEIKO:セイコーコピー 代引きのプレザージュ編】あなたの時計、見せてください!

今回ご紹介するのは腕時計好きの皆さんの間で「プレさん」と親しまれている

SEIKO:セイコーの「プレザージュ」をご紹介します。

あっ。プレサージュじゃなくて、サに点々でプレザージュですからね!

プレザージュといえばセイコーの各ブランドの中でも、メイドインジャパンに拘った機械式専門のブランドですよね。美しいデザインのダイヤルが多く、海外からも評判が高いそう。
スーパーコピー n級 代引き

カタログのように美しい一枚です!

こちらは大人気のカクテルをイメージしたダイヤルのシリーズですね。

「ブルームーン」をイメージしたブルーグラデーションのダイヤル、とっても綺麗です。私はまだなのですが、皆さんはブルームーン飲んだことありますか?

こちらは同じくカクテルの「スプリッツァー」をイメージしたモデルですね。

シルバーダイヤルにピンクゴールドのインデックスが上品で素敵ですね。

美しい腕元にとてもお似合いです!

こちらは琺瑯ダイヤルのモデルですね。銀座のシンボルとして親しまれている柳をテーマにしており、300本の限定だそうです。ⅩⅡのあたりをみると、ダイヤルが緑色なのがわかりますね! お洒落なデザインです。

こちらも同じく琺瑯のダイヤル。アラビア数字とこの雰囲気、公共機関にある時計のような雰囲気ですね。ベルトにこの色をチョイスされたのがよいアクセントになって素敵だなぁと思います。

こちらは「プレザージュ メカニカル」とお見受けします。

セイコーが1913年に初めて世に送り出した腕時計「ローレル」の意匠をもとにデザインされているモデルですね。男前なデザイン心惹かれますね!


【関連記事】:https://www.totocopy.com/

不朽の名作。 パテックフィリップ ノーチラス アニュアルカレンダー。

不朽の名作。 パテックフィリップ ノーチラス アニュアルカレンダー。

パテックフィリップは、時計の世界で長い歴史を持ち、多くの人々の憧れです。 パテックフィリップは、その卓越した時計製造技術と革新の精神で、長年にわたって伝説的な時計を次々と生み出してきました。 パテックフィリップを代表するコレクションのひとつである「ノーチラス」は、1976年の誕生以来、さりげなくユニークな舷窓の構造や水平方向にレリーフを施した文字盤が人々の心に刻まれてきました。 ノーチラスコレクションの自動巻きアニュアルカレンダーウォッチを紹介しよう。エルメススーパーコピー (モデル:5726/1A)

1976年、パテック・フィリップはノーチラス・スポーツウォッチ第1号として、船室の窓のデザインに着想を得たステンレススチール製のRef.3700/1を発表しました。 発売当時、ノーチラス・コレクションはすぐに世間に受け入れられるものではありませんでしたが、発売以来、常に改良を重ね、現在のような大人気モデルとなり、同世代の伝説的存在となったのです。


動作中の時計

パテックフィリップ ノーチラス オートマチック アニュアルカレンダーは、直径40.5mm、ケースはステンレススチール製です。 ベゼルとケース上部はサテン仕上げ、ベゼルの面取りはポリッシュ仕上げです。


ケースの左右にある細い横の肩の部分は、舷窓のロック&プルーフブレスレットに由来し、左右のラグは手首にフィットするようにわずかに内側に湾曲しています。


片側のねじ込み式リューズにはパテックフィリップのカラトラバ・クロスのロゴが刻まれ、ブランド全体の美意識を感じさせます。


ダークブルーの文字盤には、中央から周辺にかけてブルーからブラックにフェードアウトする水平方向のレリーフパターンが施されています。 ホワイトゴールドのアプライド・インデックスとスリムなセンターラージセコンド針には夜光塗料が塗布され、あらゆる光の状況下で容易に時刻を読み取ることができます。

12時位置に曜日と月の窓、6時位置に日付の長方形窓を備えたアニュアルカレンダーと、122年に1日という精度でムーンフェイズを表示する印象的な美しいムーンフェイズディスクを搭載しています。


また、フォールディング・クラスプ付きステンレススティール・ブレスレットは、サテン仕上げとポリッシュ仕上げの2種類の仕上げを採用し、印象的なコントラストを演出しています。


自動巻きムーブメント、キャリバー324SQALU24H/303は、1996年にパテック・フィリップが特許を取得したアニュアルカレンダーを搭載しており、小月と大月を正確に識別し、毎年3月1日の1回だけ日付調整を必要とします。 サファイアのシースルーケースバックからは、ムーブメントの全体像を見ることができ、とても美しいです。


結論:今日、パテック・フィリップのノーチラス・コレクションは、時計製造の世界において紛れもない存在となり、ユニークで個性的、そしてエレガンスに溢れ、ノーチラス・コレクションには時計製造の無限の魅力と可能性を見ることができるのである。

外出先で身につける時計は? 通勤に便利なメンズ腕時計のおすすめ3選

外出先で身につける時計は? 通勤に便利なメンズ腕時計のおすすめ3選

ブランドスーパーコピー仕事中の外出時に身につける時計は何がいいのか? シンプルで控えめな時計が一番です。 通勤用の腕時計は、どんな場面でも、着用に適しており、心配の多くを保存できるようにすることができます!

ブルガリ ディアゴノ・コレクション 102364DG41C3SMCVD
型番:102364DG41C3SMCVD
直径:41mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:BVL191
ケース素材:マグネシウム、PEEK樹脂、セラミックベゼル
コメント:ブルガリ ディアゴノマグネシウムの40mm径の腕時計で、マグネシウムとPEEKのケースにセラミックベゼルを採用し、全体的にエレガントでスタイリッシュな印象のモデルです。 特許取得のブルーラッカー仕上げの文字盤には、アプライド・インデックスと3時位置の日付窓が配されています。 ムーブメントは、ブランド独自の自動巻きムーブメントBVL191で、パワーリザーブは42時間です。

IWC パイロットウォッチ IW326803
型番:IW326803
直径:39mm
ケース厚:10.8mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:32110
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:60メートル
時計レビュー:「IWCスピットファイア・パイロット・ウォッチ・オートマティック」がクラシックで美しいことは言うまでもありません。 マークXIナビゲーターのダッシュボードスタイルのデザインを踏襲し、普段使いに最適な38mm径を実現しました。 ステンレススチールケースにブラックの文字盤、ブラウンのカーフストラップの組み合わせは、シンプルかつエレガントです。 ムーブメントは、両方向回転式爪巻上げ機構と72時間パワーリザーブを備えた自社製キャリバーIWC 32110を搭載しています。

ブライトリング パイロットウォッチ8 A45330101C1A1
型番:A45330101C1A1
直径:41mm
ケース厚:11.19mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:45
ケース素材:ステンレススチール/サテン仕上げ、両方向回転式
防水性能:100m
コメント:ブライトリングパイロットウォッチ8デイデイトは、スチールケースとブルーの文字盤で、男性の控えめさと落ち着きを際立たせ、かなりエレガントでおおらかな印象です。 クラシックなダイヤルデザインは、曲線を描く曜日表示窓と長方形の日付表示窓を備え、アワーマーカーと針には夜光塗料が塗布されており、非常に分かりやすいものとなっています。 ムーブメントには、38時間以上のパワーリザーブが可能なブライトリングキャリバー45を搭載しています。

結論:通勤時、フォーマルな場、友人との集まりなど、様々なシーンで着用できるコミューターウォッチです。

共有できるグッズ:伝説の歴史、お得な情報、新しいスキル

共有できるグッズ:伝説の歴史、お得な情報、新しいスキル

タグ・ホイヤーは、ヴィンテージ市場において常に高い評価を得ており、1960年代に発表された「オータヴィア」コレクションは、誰からも愛されている時計です。 2017年に新しく発売されるオータヴィアレプリカウォッチを選ぶ「オータヴィアカップ」が2015年3月10日にスタートし、非常に多くのエントリーと高い関心を集めたため、タグ・ホイヤーブランドがこのコレクションを今日復活させることは必然的なことだったのです。

スタイリッシュ、ルイヴィトンスーパーコピーヴィンテージをリードする

Autaviaの語源は、もともと自動車と航空の頭文字をとったもので、1933年から1957年までレーシングカーや航空機に使われていたダッシュボードタイマーのことを指していた。 タグ・ホイヤーの当時のCEOであったジャック・ホイヤーは、その後、1962年に発売したクロノグラフにこの名前を付けることにしました。 困難な条件下でも読み取ることができたこの時計は、現在も熟練の技で画期的なイノベーションを実現しています。

耐久性に優れたサテン仕上げとポリッシュ仕上げのスチール製で、手首にフィットするように設計されたこの42mmの時計は、60分目盛りのブルーセラミック製両方向回転ベゼルを備え、この素材が時計の透明度と明るさを長年にわたって維持することを保証します。

ラグは1960年代の象徴的なデザインで面取りされ、過ぎ去った時代のヒストリカルな雰囲気を醸し出しています。

サイドクラウンは、オーサビアコレクションのオーバーサイズデザインを踏襲し、パイロットが厚手のグローブを着用したままでも正確な計時ができるようXLサイズに設定されています。

文字盤は、特徴的なグレーのスモークデザインで、暗闇でも正確に時刻を読み取ることができるスーパールミノバ®を塗布したロジウムプレートのインデックスと針、12時位置にタグ・ホイヤー独自のロゴ、6時位置に黒地に白抜きで読み取りやすい日付窓が配されています。 トップを飾る「Isograph」の文字は、新設計のイソグラフ・カーボンコンポジット・ヘアスプリングに由来しています。 登録商標のイソグラフは、ギリシャ語で「均等」を意味するisoに由来し、部品の動作の安定性と一貫性を象徴し、時計の洗練された機能性を反映しています。

この時計には、ステンレススチールのブレスレットとステンレススチールのピンバックルが装着されています。 NATOストラップも同梱されており、工具なしで簡単に交換することができます。

裏蓋にはプロペラとタイヤのモチーフが刻まれ、コレクションの長い伝統にさりげなく呼応しています。 クロノメーター認定のキャリバー5ムーブメントを搭載し、さらに、タグ・ホイヤーが今年初めに時計の精度を高めるために導入した、重力や衝撃をほとんど受けず、耐磁性も備えた高級カーボンコンポジット製ヒゲゼンマイを採用しています。

イノベーションが、時計に命を吹き込む。 ウブロ ビッグ・バン ソウル・トゥールビヨン

イノベーションが、時計に命を吹き込む。 ウブロ ビッグ・バン ソウル・トゥールビヨン

ウブロコピーの最も象徴的なコレクションのひとつであるBigBangコレクションは、「融合の芸術」というコンセプトのもと、異なる素材を用いて卓越した時計を生み出し、革新によってウブロに生命を吹き込んでいます。 BigBang Soul Tourbillonは、素材の分野で新しい境地を開拓し続け、初めてブラックとブルーのカーボンファイバー製ケースを採用し、より一層個性的なモデルとなっています。 (モデル:645.QN.1117.RX)


BigBang Soul Tourbillonでは、「融合の芸術」というコンセプトのもと、ブラックまたはブルーのカーボンファイバー製ケースを追加し、それぞれ独自の質感を表現しています。


動作中の時計

この時計は、ブランドのDNAデザインを踏襲しており、数ある時計の中でも一目でそれと分かるデザインになっています。 トノー型のケースは直径42mmで、カーボンファイバーで作られています。 カーボンファイバーは非常に軽量でありながら優れた強度を持ち、多くの分野で従来の金属や合金に取って代わり、ウブロはカーボンファイバーの探求において常に革新と発展を続けています。


ベゼルは6つのH型チタン製スクリューで固定されており、これもウブロのクラシックなデザインの一つです。


大型のフルーテッド・リューズにより、手巻きでの時計操作が可能です。


スケルトンの文字盤が精密なムーブメントを浮かび上がらせ、その機械的な美しさは目を見張るものがあります。 3時位置にオフセンターの時・分ディスク、8時位置に5日間のパワーリザーブインジケーター、6時位置にトゥールビヨン機構が配置されています。 このトゥールビヨン機構は、可動式のケージが1分ごとに回転することで、重力の影響を打ち消し、時計の計時精度を高めています。


ウブロは、「BigBang Soul Tourbillon」に初めて「ワンタッチ」クイックチェンジストラップシステムを採用し、ストラップの交換をより簡単かつ迅速に行うことができるようになりました。 この時計には、ブラックのステッチを施した構造化ラバーストラップが装着され、スポーティでスタイリッシュな外観を実現しています。


トノー型ウォッチのために作られたウブロのムーブメントHUB6020は、115時間のパワーリザーブを備えています。 また、ケースバックからは、ムーブメントの全体像を観察することができ、機構特有の美しさを感じることができます。


要約すると、「BigBang Soul Tourbillon」には、ブラックカーボンファイバーバージョンとブルーカーボンファイバーバージョンの2種類があり、それぞれ100本限定となっています。 精巧なスケルトン加工、革新的な素材、そして卓越した時計製造のノウハウが融合したこれらの時計は、ウブロの時計製造の腕前を披露しています。

ロレックスの "インターゴールドゴースト"

ロレックスコピーの "インターゴールドゴースト"

でも、時々、いろいろな時計を手に入れては、遊んで楽しんでいます。 でも、日常的に一番身に着けているのはロレックスです。 この1年間で、インターゴールドのロレックス、インターゴールドのDJ、インターゴールドのマーキュリー、インターゴールドのデイトナを身につけました。 今日はインターゴールドの「アクアタイマー」について、その後はインターゴールドの「ディトナー」についてお話させていただきたいと思います。

ロレックス インターゴールド アクアタイマー 116613

スチールケースのスポーツウォッチとは対照的に、国産ロレックスのインターゴールドのスポーツウォッチは、常に「熱くない」存在だった。 ロレックスインターゴールドスポーツウォッチは、ロレックススポーツスチールウォッチに比べ、熱くありません。 この現象は理解できます。 若い人の中には、金の連動時計をつけるのは「古い」と感じ、ロレックスのスチールケースのスポーツウォッチを好む人もいる。高齢者は金の時計を好むが、スポーツウォッチを買わず、DDやDJを選ぶ高齢者も多く、ロレックス連動金のスポーツウォッチはロレックスのスチールケースのスポーツウォッチより市場が低くなってしまうのだ。 スチールケースのマーキュリー、スチールケースのダイアゴナル、スチールケースのGMTなどは一般的に適正価格を大幅にオーバーしていますが、インターゴールドモデルはもっと合理的です。 私が持っているのは、皆さんお馴染みのゴールドのインターレイヤー、ブルーダイヤルの「ゴールドインターレイヤー ブルー」116613LBです。

ロレックス インターゴールド アクアタイマー 116613

ロレックス インターゴールドは、非常に深い歴史を持ち、ロレックスの歴史の中でも特別な存在である。

歴史上、金の時計はフォーマルな時計として使われるのが普通だった。 ヴィンテージウォッチのオークションで見られるように、フォーマルウォッチはゴールドが主流で、ダイビングウォッチやフライングウォッチなど「道具時計」と呼ばれるものはすべてスチール製であった。 しかし、1970年代に入り、オーデマ・ピゲの「ロイヤルオーク」に代表される「高級スポーツウォッチ」が登場し、ダイビングウォッチやフライングウォッチなどの「道具時計」にもゴールドや様々な貴金属が登場し、状況は一変する。 金やさまざまな貴金属が「ツールウォッチ」(スポーツウォッチ)に搭載され始めたのだ。

現行のインターゴールドのアクアタイマーとは異なる、ロレックス初期のインターゴールドのアクアタイマーである16803のディテールを多く見ることができる。

アクアタイマー(サブマリーナ)は、1953年の誕生以来、「道具時計」として使われてきたロレックスの専門ダイバーズウォッチで、より専門性の高いシーフェアラーモデルなどに発展してきた。 当時のロレックスの責任者(レネ・プジャンヌレという人)が、サブマリーナーは正装で着用される可能性を考慮して設計され、その通りにデザインされたと語っているのは興味深い。 こうして、「ツールウォッチ」が高級化した1980年代、「アクアタイマー」はゴールドの「アクアタイマー16803」、1988年にはゴールドの「アクアタイマー16613」を発表し、以来、ロレックスの「純粋なツールウォッチ」となっているのである。 "アクアタイマー"、"アンバサダー"、"DD"、"DJ "をつなぐ "架け橋 "となる時計です。

ロレックス インターゴールド マーキュリー 16613

ロレックス インターゴールド アクアタイマー 16613(左)と現行の116613(右)は、細部や構成に多くの違いがあります。

今回発売されるロレックス インターゴールド アクアマン 116613は、2009年に発売されました。

今回発売されるインターゴールド製「アクアタイマー 116613」は、ブループレートにブルーセラミックベゼルとブラックプレートにブラックセラミックベゼルを備え、スチールケースの「アクアタイマー 116610」と同じデザインを維持しています。 40mmはロレックスのスポーツウォッチの定番サイズであり、大きすぎず、小さすぎず、着けやすいサイズです。 同時に、ワイドなケースは間接的に時計の実寸を大きくしています。 ミドルゴールドのモデル116613は、ベゼル、リュウズ、ブレスレットの中間部分に18Kイエローゴールド(金無垢)を使用し、セラミックベゼルを採用しています。 セラミックベゼルの片方には、ゴールドフィルドの数字が刻まれています。 時計のケース側面とブレスレットの中央部分はポリッシュ仕上げ、ケース正面とブレスレットの両側のリンクはブラッシュ仕上げになっています。 ロレックス インターゴールド アクアタイマー」のケースとブレスレットは、比較的ポリッシュ仕上げになっており、プロ用ダイビングウォッチの「ツールウォッチ」を超えて、「ロレックス アクアタイマー」の高級感あるスタイルが際立っています。

ロレックス インターゴールド ブルーディスク&ブルーリングとブラックディスク&ブラックリング。

ロレックス インターゴールドは、ベゼルの外側の歯がゴールドであることが重要です。 スチールケースのベゼルの外側にあるステンレスの歯に比べ、金はスチールよりも柔らかく、ベゼルの外側の歯は通常、最も当たりやすい場所です。 金ケースの外側の歯は傷つきやすいところです。 同時に、セラミックベゼルの数字にはゴールドフィルドが施され、ゴールドフィルドの数字はセラミックベゼルよりやや下に位置し、下方に凹んでいるのが特徴です。 この凹んだ金色の数字は、変色しやすく、汚れがつきやすい部分です。 インターゴールドのゴーストは、スチールケースのウォーターゴーストに比べて、何箇所もゴールドになっているため、特に注意が必要です。 しかし、インターゴールドのウォーターゴーストが手に取るとゴージャスであることは間違いない。

ロレックス インターゴールド ウォーターゴブリン 116613 インターゴールドブルー

ロレックスは現在、ムーブメントを3235(32系)に大規模に変更したが、ロレックス・アクアタイマーとインターゴールドは、依然としてロレックス3135自動巻きムーブメントを使用している。 3135は1988年からもう30年以上も使用されているのだ。 しかし、世界的に知られる3135ムーブメント(31系)の品質の良さは、現在でもロレックスの主力ムーブメントの一つである。 3135のムーブメントはすべてパラクロム製ブルーニオブのヘアスプリングを使用し、ロレックスの最新のグリーンタグ スーパークロノメーター認定を受け、誤差は1日あたり+2/-2秒、パワーは48時間となっています。 このインターゴールドブルーは、正確な時間を刻み、ロレックスの+2/-2規格をクリアしています。 ロレックスの時計の場合、最新モデルのムーブメントでも一世代前のムーブメントでも圧倒的なクオリティを誇るので(32系は70時間駆動と少し長め)、ムーブメントにこだわる必要はないでしょう。

ロレックス3135自動巻きムーブメント。

ロレックス インターゴールドは、ロレックスのオイスターブレスレットを使用しています。 ブレスレットの中間部にはゴールドを使用し、この時計の高級感を大幅に高めています。 インターゴールドゴーストは、ロレックスダイバーズクラスプのクイックアジャストも採用しており、ブレスレットの長さを伸ばしたり縮めたりすることが可能です。 ロレックスのクラスプの長さのクイックアジャストがとてもよく効いています。 ブレスレットの端を持ち上げると、自由にスライドして長短の調節が可能です。 調整したら、ブレスレットの端を押せば、カチッと固定されるので、とても便利です。 現在、多くの時計ブランドがスポーツウォッチにクイックアジャストブレスレット機能を搭載していますが、ロレックスはその中でもトップクラスです。

ロレックスのダイビングウォッチ、クイックアジャストクラスプ。

ロレックスのスポーツ時計は、全体的に、スチールケースのスポーツロレックスは、最もホットな、市場の動向は、最も高い、最もプレミアムである。 一方、ロレックスのインターゴールドの時計は、全体として市場で最も合理的なものである。 公開価格105,000円、基本的に公開価格を下回るインターゴールドのウォーターゴーストの実勢価格は、ロレックスのウォーターゴーストという比較的入手しやすいモデル(値引き、為替、流通市場などは個人の事情による)です。 スチールケースのブラックに比べると、インターゴールドの実勢価格はまだ高いが、インターゴールドに使われている金の量や、比較的リーズナブルな実勢価格(インターゴールドの公称価格105,000円と比べて)を考えると、インターゴールドはサブマリーナーの中でも十分に入手価値のあるモデルだといえるだろう。

お気に入りを集めてみました。 RICHARD MILL レディース RM 07-01

お気に入りを集めてみました。 RICHARD MILL レディース RM 07-01

どのような基準で「お気に入り」を判断するかは難しいところですが、良い時計は、デザイン、ムーブメントの品質、ブランドの内容で判断されるべきものです。

リシャール・ミルコピーの新作が発表されると、まずそのユニークなデザインに魅了されます。 他の時計と明確に区別できるトノー型ケースは、ATZホワイトセラミック製です。 通常のセラミックよりも硬く、磨耗に強い素材です。 もちろん、素材で勝負するのはリシャール・ミルの得意とするところです。

文字盤の中央にはマザーオブパールとダイヤモンドが配され、インデックスと針には夜光塗料が塗布されています。 ベゼルのリベットは両方とも固定式で、別の見方をすれば、このブランドの特徴のひとつでもあります。

スケルトン仕様の文字板は、クリスタル越しにムーブメントの内部を見ることができるデザインです。 ムーブメントを構成する各パーツは、丁寧に研磨され、厳選されています。 マザーオブパールの周りにダイヤモンドを整然と配し、「女性らしさ」を感じさせる素材に仕上げました。

サイドからは、18Kピンクゴールド製のリューズや、ケースの側面が見え、そのデザインも個性的です。 まず、セラミックと貴金属を組み合わせた素材を採用することで、時刻合わせの際の手触りや質感を高めています。 ケースの厚さは約11mmで、手に持っても存在感のある時計のひとつです。

ブレスレットは、これまでのジュエリーとは異なり、珍しいものです。 チェーンストラップとホワイトセラミックのケースは、剛性と柔らかさが見事に調和しています。 クラスプも18Kピンクゴールド製で、フォールディング・クラスプを採用しています。

ムーブメントは、マニュファクチュールムーブメントCRMA2を搭載し、サファイアクリスタルを通して見ることのできる特別設計のローターを採用しています。 このムーブメントは、少なくとも50時間のパワーリザーブを備え、日常的な着用に耐えうる性能を備えています。

結論:多くのお気に入りのコレクション、このレディースのリシャール・ミルRM07-01は、あなたが次に探す時計にぴったりかもしれません。3メートル離れていても、リシャール・ミルの時計であることがわかるほど異なっています。 また、ダイヤモンド、マザーオブパール、セラミックなど、あらゆるニーズを満たすのに十分な量です。 欲しいものがすべて揃っている。 (