記事一覧

オリンピックの馬術選手が好きな腕時計おすすめ

パネライは、1860年に設立されたイタリアの高級腕時計ブランドです。現在はリシュモングループの傘下に所属。当初はイタリア海軍向けのダイバーズウォッチを取り扱っており、1993年からは一般向けの腕時計市場に参入しています。存在感のあるモデルを多く扱っており、腕元から無骨さをアピールできるのが魅力です。

パネライ(PANERAI) ラジオミール PAM01144

ムーブメントに手巻きメカニカル仕様のパネライ「P.1000」キャリバー が用いられている30代向けの腕時計。スーパーコピー時計インカブロック耐震機構が搭載されており、時間がずれにくいのが特徴です。また、3日間のパワーリザーブも備わっています。

サンブラッシュ仕上げが施されたブルーのダイヤルを採用。9時位置にはスモールセコンドが搭載されています。また、アワーマーカーとアラビア数字は夜光仕様で、暗闇でもはっきりと時刻を視認できるのが魅力です。

ストラップの素材にはダークブルーのアリゲーターレザーが用いられており、ダイヤルとカラーが統一されているのがポイント。また、10気圧の防水仕様で、機能性も兼ね備えているアイテムです。

パネライ(PANERAI) Luminor Marina PAM02392

3時位置に日付表示窓、9時位置にスモールセコンドを搭載した30代向けの腕時計です。6と12のみアラビア数字になっているのが特徴。パネライ 時計 中古発光仕様で、夜間でもはっきりと時刻が視認できます。

ケースの素材にはブラッシュドスティールを採用。ベゼルにはシルバーのポリッシュスティールが用いられています。また、ストラップにブラックのカーフが用いられており、デザイン性の高さもポイント。フォーマルシーンにおすすめのアイテムです。

オリンピック射撃選手が好きな腕時計おすすめ


ロンジン、スピリット。

お値段の方は、272,800円。

ロンジンの新作スピリットは、これまでのロンジンのモデルへのトリビュートとして誕生したということで、ブランドの思い入れを感じる1本ですね。

素朴なデザインではありますが、それだけに末永く使えるのではないかと思うのですがどうでしょう。

一生モノの腕時計と言えば、やはり毎日着けられるというのが大切になってきますからね。

秒針の先端のレッドカラーが文字盤の黒と相まって、いいアクセントになっております。

ここ最近、メディアなどでロンジンの腕時計を目にすることが多く、今後、人気が出てくるかもしれませんね。



ユンハンス、マックスビル、クロノスコープ。

お値段の方は、297,000円。

ユンハンスの人気シリーズ、マックスビルの機械式クロノグラフモデルになります。

落ち着いたデザインは、年齢問わず、フランクミュラー レディースいつまでも愛用できると思いますよ。

ステンレススチールのブレスレットもいいですが、汗が気にならない季節にはレザーストラップも非常に良く似合うでしょう。

ブラックベイ フィフティエイト925 2021年新作


チューダー ブラックベイ フィフティエイト925 Ref.79010SG

現段階でロレックスではラインアップされていない素材であるブロンズを先行して取り入れたチューダー。2016年に発表したブラックベイ ブロンズは好セールスを記録し現在もラインアップされている人気モデルです。そんなブラックベイに新たな素材が登場。今回はなんとシルバー925が使用されました。

シルバー925といえば、キングオブシルバーの異名を誇るクロムハーツで使用されている素材です。懸念される酸化においても、独自のコーティングを施すことで長期間にわたりシルバーの輝きが保たれているので安心して使用できます。

文字盤、ベゼルにはトープカラーと呼ばれる濃い灰色がかった茶色のカラーが施され落ち着いた印象を与えてくれます。ケースバックはチューダー(チュードル)としては珍しいシースルーバック仕様。ユーザーが今まで目にすることが無かったチューダーのムーブメントcal.MT5400が愉しめるのも魅力の1つといえるでしょう。

チューダー ブラックベイ セラミック Ref.79210CNU

こちらのブラックベイ セラミックのトピックは大きく2つ。チューダー(チュードル)初のブラックセラミックケースを搭載した点とMETAS(スイス連邦計量・認定局)によるマスタークロノメーター認定規格をパスしている点。セラミックケースの特徴としてあげられるのが耐傷性に優れ輝きが継続するところで、代表的なモデルとしてシャネルのJ12を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

こちらのブラックベイ セラミックは一部をポリッシュ仕上げとしている以外はマットな仕上げとなるためヘリテージの世界観を失わず落ち着いた印象を与えてくれます。

マスタークロノメーター認定規格は近年のオメガでお馴染みのクロノメーター規格を超えた厳格な基準で知られています。ロレックスグループ初のマスタークロノメーター認定ムーブメントの誕生といえるでしょう。

【関連記事】:おでかけスポットなどの情報も掲載しています

オリンピックのトライアスロンが好きな腕時計です。


独自開発のトゥールビヨンなど自社ムーブメント搭載機がバリエーションを広げる一方で、比較的廉価な時計にも妙味を見せ続ける『フレデリック・コンスタント』。このモデルはシンプルなバーインデックスですが、ムーンフェイズと脱進機を見せるオープン文字盤を搭載ししています。タグホイヤー 時計 メンズ針によりアナログにデイト表示を行う仕組みも程良く主張し、腕元で強い存在感を発揮。クラシカルな要素を色濃く残しつつ趣味の要素も忘れない、余裕のある大人に似合う一品です。


力強い角型ケース、クルマのホイールのような分針、秒表示や日付表示のディスクを見せる文字盤など、工場の機械やエンジンをイメージしたインダストリアルな作りで注目を集めている時計ブランドです。立体感のある文字盤や発色の良いディテールも面白く、週末のカジュアルシーンで大いに目立ちそうです。スーパーコピー時計腕時計としてのユニークさもさることながら、ケースにしまうことでセットされているチップが起動し、専用アプリ上でユーザー登録ができるようになるなど所有欲を満たすギミックも備えています。


ドイツらしい、職人肌な新興ブランド『シャウボーグ ウォッチ』。ムーンフェイズに文字通りリアルな月の画像を載せたムーンシリーズが有名ですが、同ブランドからはさまざまな趣向に富んだ個性的なモデルが発表されています。

こちらの「ミスティック」も、文字盤の大部分を風防で覆い隠してしまった斬新なデザイン。唯一1本だけ覗く赤針(時針)が、現在の時刻を示してくれるなんとも神秘的な腕時計です。

父の日オリンピックの馬術選手が父の腕時計を贈る

歴史的なヨット競技の大会であるアメリカズカップにおいて、オメガを知らない人はいない。過去25年間、オメガはパートナーシップを維持し、エミレーツ チーム・ニュージーランドのスポンサーでもある。オメガは今年、第36回アメリカズカップの公式タイムキーパーに任命されたことを発表。オメガ時計 メンズこの偉業を記念した限定モデル、オメガ シーマスター プラネットオーシャン 36th アメリカズカップ エディションを発表した。


 アメリカズカップを記念して時計を発表したのは今回が初めてではないが、このような限定モデルがシーマスター プラネットオーシャンで発表されたのは実は初だ(それ以前のモデルは、X-33とシーマスター ダイバー 300Mだった)。歴史的なヨットイベントの公式タイムキーパーに任命されたことは大きなニュースであり、それを記念して特別な時計が選ばれたというわけだ。通常のシーマスター プラネットオーシャン 600Mをお使いの方にとっては、この時計は使用感、フィット感、仕上げの点においてほとんど同じものである。しかし、この時計にはいくつかの特別なデザインが施されており、限定モデルにふさわしく、腕にはめているだけで楽しくなる仕上がりだ。


 この時計の詳細についてまず語るべきはサイズである。43.5mmと数値上は大きく感じるものの、ブランド側が言うように本当に重要なことは数字だけでは分からないのだ。角度の急なラグからラグまでの縦のサイズが比較的短い44.8mmである本機は、手首の上では41mmの時計に近いサイズ感である。これは普段42mmが限界だと感じる人にも対応する時計だと思う。白文字盤ながら本機は、手首の上で大きすぎたり気になるような感じはしなかった。


 私は、これまでシーマスター プラネットオーシャン 600Mの実機を試してみることはほとんど無かったけれど、この時計の品質の高さには本当に驚かされた。つまり、私が欠陥や何かを期待していたと言っているのではなく―結局のところこれはオメガなのだから―この時計が時計工学的に本当によくできた作品であると言わなければならない。確かな重厚感は品質を示す簡単なサインではあるものの、それ以上に深いものがあるのだ。ケースの面取りや曲面、サテンとポリッシュ仕上げを組み合わせた表面は、実際に観察してみると本当に素晴らしいものだった。ベゼルは、セラミックの一形態ではあるが(それについての詳細は後述)、ロレックスがセラクロムベゼルでもっているような光沢(ギラギラしたような)は無かった。

 文字盤のディテールも同様に印象的だ。アラビア数字は際立った立体感がある。文字盤の向きを変えると新たな視点が生まれて面白い。これは数字自体の大きさと関係があるのだと思う。文字盤が大きく、それに合わせて数字を大きくするのは簡単だったのではないかと思うかもしれないが、そうではない。実際には文字盤の残りの部分と比較して非常に控えめだが、これが機能するのは、メインではなく赤いアクセントとして成り立っているからだ。

【関連記事】​​​​​​​: 各種人気バッグ日常メンテナンス

オリンピックの馬術選手が好きな腕時計


ディーゼルは、デザイン性の高さと高品質が魅力のイタリアのカジュアルブランドです。デザインが個性的で独特なものが多く、洋服やアクセサリーなど、流行に流されない独自のファッションにこだわりがある方へのプレゼントに適しています。

クロノグラフ腕時計には、ほかの腕時計では見られない個性的なデザインが施されています。センスの良い文字盤やブロンズのケースに刻まれたDEISELのロゴの隙間から見える日付機能が、ほかのブランドにはない個性を醸し出しています。

さらにボックスのデザインにもこだわっており、おしゃれで個性的なボックスはプレゼントとして喜ばれます。


人気キャラクターを描いた腕時計も、子供へのプレゼントに多く選ばれています。こちらはミッキーマウスのデザインですが、ミッキーがあまり目立たず、クールな雰囲気というところが特徴的です。

隠れミッキーを探すような面白さもあり、そのうえ、スポーツウォッチらしい格好良さが心を掴みます。少し背伸びをしたい年頃のお子さんにプレゼントすれば、大人っぽいおしゃれを楽しめると喜ばれます。

そして、防水機能を備えているほか衝撃にも強いため、活発に遊びたいお子さんにもぴったりです。着け心地が軽く、動いても邪魔になりにくいことからも、毎日のように愛用してもらえます。

【関連ブランド】:ブライトリング 時計

ショパールのミニッツリピーターはチャイムの音色に秘密アリ

長い年月をかけて生み出した独創的なチャイムの音色
6年以上の開発期間を経て、2017年に発表されたショパールの自社製ミニッツリピーター「L.U.C フル ストライク」。同社は以前にも自社でリピーターモデルをリリースしているが、ミニッツリピーターで自社製のモデルはこれが初となり、その革新的なスタイルの機構、美しいデザインなどが評価され、2017年のジュネーブ時計グランプリにて“Aiguille d’Or(金の針賞)”を受賞している。

本作がいかに革新的なモデルかを物語るのが、ミニッツリピーターのチャイムを鳴らすゴングである。通常のモデルでは、ステンレススティールやゴールドといった金属が採用されるゴング。だが、ショパールでは苦心のすえ、この装備をサファイアクリスタルで作り上げることに成功した。しかも、非常に硬質なサファイアクリスタルの塊から削り出し、風防と完全に一体化させることにより、力強く一定の音量で鳴り響く、澄みきったクリスタルの音色を手に入れたのだ。

革新的なのはこれだけではない。ショパールは音と音の間に存在する静寂にも着目し、文字盤上で回転するガバナーを取り入れた。このガバナーが3つの異なるチャイム(時・15分・1分)の、最後の一打と最初の一打の間に生まれる長い静寂を解消して、たとえ回数が多くとも常に同じリズムで間断なくチャイムが鳴り続けるようにした。タグホイヤー カレラガバナー自体は完全に無音で回転するため、ノイズを発することはなく、またストライク機構が作動する際のノイズもまったくない。

搭載するキャリバーL.U.C 08.01-Lにはツインバレルが採用され、リューズの回転方向により、ミニッツリピーターと時刻表示の動力を別々の香箱に蓄積。それぞれのパワーリザーブ残量は2時位置のインジケーターに同軸表示される。さらに7つの安全装置の装備や、ジュネーブ・シールとCOSCのW取得なども、本作がミニッツリピーター以外でもきわめて高品質であることの証となるだろう。


【関連記事】:あるゆるシーンで使える万能なシンプルデザインの腕時計