記事一覧

クラシックカーからインスピレー ションを得た、カール F. ブヘラ「ヘリテージ バイコンパックス アニュアル ルツェルン」

カール F. ブヘラのリミテッドエディション、「ヘリテージ バイコンパックス アニュアル ルツェルン」は、驚くべき歴史を持つクラシックカー、リンカーン コスモポリタン タウンカーからインスピレーションを得ている。この車は元々、創業者カール・フリードリッヒ・ブヘラの息子であるカール・エドアルド・ブヘラが所有していた。レディースギフトガイド長年の間に何代もオーナーが変わったが、2013 年にカール・エドアルドの息子ヨルグ・G・ブヘラがそのファミリーカーを買い戻して入念な修復作業を依頼し、往年の輝きを取り戻させた。新作は、修復された車から着想を得たカラーディテールが特徴で、ブヘラ家、素晴らしい車、カール F. ブヘラの故郷ルツェルンに敬意を表している。

インスピレーションを得た
リンカーン コスモポリタン タウン セダン



カール F. ブヘラ「ヘリテージ バイコンパックス アニュアル ルツェルン」は、41mm のSSケースに、フォールディングクラスプとクイックリリースシステムを備えたSS製ブレスレットを組み合わせている。さらにフォールディングクラスプ付きカーフレザーストラップが付属しており、こちらもクイックリリースシステムを備えているので、時計を着用するその日のスタイリングや予定に応じて、素早く簡単に付け替えることができる。
カール F. ブヘラ「ヘリテージ バイコンパックス アニュアル ルツェルン」
自動巻き(cal.CFB 1972)。47石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約42時間。COSC認定クロノメーター。SS(直径41mm、厚さ14.15mm)。30m防水。世界限定188本。104万5000円(税込み)。
 ダブルドーム型サファイアクリスタルから見えるシルバーカラーの文字盤には、クロノグラフの分積算計とスモールセコンドを配したライトブルーのサブダイヤル。それを引き立てるタキメータースケールはライトブルーのリング。ライトブルーは、ヨルグ・G・ブヘラが丹精込めて修復した車の色を彷彿とさせる。また文字盤には、4 時と 5 時の間に月の小窓、12 時の真下にはビッグデイトの窓もある。


「ヘリテージ バイコンパックス アニュアル ルツェルン」は、過去の優れたタイムピースを思い起こさせるが、時計の心臓部である機械式ムーブメントは最新版である。CFB 1972 キャリバー自動巻きクロノグラフのパワーリザーブは42 時間、30 日と 31 日の1 ヶ月の日数を考慮したアニュアルカレンダーは、年に一度、3 月1 日にのみ調整すれば良い機構だ。


【関連記事】:http://funakoshi.top