記事一覧

チャペック アンタークティック・ラトラパント(Czapek Antarctique Rattrapante Unveiling the art of splitting time) 発表~スプリットタイムの芸術を露わに

チャペック アンタークティック・ラトラパント(Czapek Antarctique Rattrapante Unveiling the art of splitting time) 発表~スプリットタイムの芸術を露わに


チャペックは、アンタークティック・ファミリーの最新モデルをリリースしました。スプリット・セコンド・クロノグラフの機構が、このモダンでスポーティなラインを壮⼤なコンプリケーションのテリトリーに深く浸透させます。アンタークティッククロノ・ラトラパントは、その魅力的なメカニズムをダイアル側から見ることのできる初のスプリット・セコンド・クロノグラフです。

2015年の復活以来チャペックは、ハイエンドのメカニックと洗練された美学の間の微妙なバランスを維持することを絶え間なく追求してきました。ダイアル側にモノプッシャースプリット・セコンドのメカニズムを備えた最新モデル「アンタークティッククロノ・ラトラパント」は、これらの理想を具現化しています。「アンタークティックのラインは、スポーティなエレガンスの縮図として2020年にリリースされました。」とCEOのザビエル・デ・ロックモーレルは述べています。「そして、私たちの熱烈なファンを驚かせるようなコンプリケーションの登場が待ち望まれていたのです。」

このプロジェクトのルーツは、会社の設立までさかのぼります、とザビエルは説明します。「2012年に、チャペックという名前の再登録の⼀環として、ヴィンテージのバルジュー7733を搭載し、ごく少数限定で生産したクロノグラフを発売し、プロジェクトの資⾦を調達する方法として、いくつかの作品を友人に販売しました。」あるバイヤーは、クロノグラフ操作のさまざまな段階で、カムとレバーのセットの美しさにすぐに気づきました。これにより、ダイアル側にメカニズムが露出したチャペックのクロノグラフを製作するというアイデアが生まれました。

これは2015年のことで、優れたコンセプトが成熟するまでには時間がかかることがよくあります。創造性、研究開発、生産数の適切なバランスを見つけるという難しい方程式は、最初は解決できませんでしたが、何年にもわたって、クロノグラフのアイデアについての検討は繰り返され続けました。解決の瞬間は、偶然と頑固さの組み合わせでした。ある時点で、スプリット・セコンドのアイデアが浮かび上がりましたが、製造パートナーであるクロノード社でもスプリット・セコンド・クロノグラフ製作の準備ができていました。「私たちは、時間を制御し、それを⽌めて追いつくことができる、というアイデアが⼤好きでした。」とザビエルは笑顔で⾔います。



「さらに、このモジュールをダイアル側に配置し、着用者がカム、レバー、ホイールが織りなすバレエを完全に視覚的にアクセスできるようにします。」

スプリット・セコンド・クロノグラフは、実際、非常に複雑なメカニズムであり、メカニカルな創造性の頂点である「グランド・コンプリケーション」です。最も⽬立つ要素はクランプです。クランプは、スプリット・セコンドのプッシャーを押すと、クロノホイールのひとつを即座に固定します。⼀方、もう⼀つのクロノグラフ秒針は邪魔されずに計測を継続する必要があります。クランプが解放されると、固定されたスプリット秒針が、作動中の秒針に「追いつきます(フランス語でrattraper)」。絶対的な精度を確保するには、それぞれのコンポーネントを最高の仕様で製造する必要があります。



クロノード社と共同で製作されたチャペック社製ムーブメントである、キャリバーSHX6を⼀⽬見れば、機械的にも美的観点からも芸術作品であるということができます。そのためには、時計が流線型の外観を維持し、42.5mmのケースにうまく収まるよう、主要コンポーネントの数と厚さを減らす必要がありました。「古典的なクロノグラフと同様に、スプリット・セコンド機構は2番車から引き出されるエネルギーのおかげで機能します。」とザビエルは説明します。「今回はトランスミッションの美観を強調するために、垂直クラッチではなく水平クラッチを優先しました。」

ムーブメントの焦点は、特許取得済みのサテライト輪列と、そのすぐ下にある特許出願中のスプリット・セコンドのメカニズムを維持するセンターのトライポッド・ブリッジです。上部(クロノグラフ用)と下部(スプリット・セコンドメカニズム用)の2つのコラムホイールは、ムーブメントを2つに分割します。4時位置の分積算カウンターと7時位置のスモールセコンドは、チャペックの時計であることをすぐに認識できる美的特徴のひとつを思い起こさせます。視覚的なガイドとしての垂直対称性はブランドの原動力となっている19世紀の偉⼤なウォッチメーカーであるフランソワ・チャペックとのつながりを維持しています。アンタークティック・ラトラパントには、リンクが「C」の文字を形成するチャペック独自のステンレススティール製ブレスレットが付属しています。このモデルは77本の限定生産で、ジュネーブのチャペック・ブティック、公式販売店、およびczapek.comのオンラインによるスースクリプション販売にて入手できます。


【関連記事】:ベーシックかつ上品なデザインで、世界中のハイクラスな女性達を魅了し続けるCELINE(セリーヌ)