記事一覧

ジンが「556.F-4」を発表~ F-4ファントム戦闘機の退役を記念した日本限定のパイロット ウォッチ

【特長】
■F-4ファントム 戦闘機の退役記念モデル
■F-4装備飛行隊 8つの部隊マーク をダイヤルに配置
■日本限定100本
■ステンレススチール製
■両面無反射 サファイアクリスタル
■シースルーバック
■ロータ ーに ファントム公認キャラクター スプークを刻印
■8つの飛行隊の部隊パッチ付きヘルメットバッグを付属
■20気圧の耐圧性能と負圧耐性



ジンの2021年新作「 556. F-4 」は、「ファントム」の愛称で知られるジェット戦闘機 F-4ファントムⅡの日本での退役を称え製作 されたパイロットウォッチです。
航空ファンには人気のF-4ファントム戦闘機は、日本でも F-4EJの名称で航空自衛隊により 1971年から運用 されてきました。オメガ時計 メンズ アメリカ、イギリス、ドイツ な どの採用国において次々と退役する中、2020年12月、ファントム最後の戦闘機部隊である百里基地第301飛行隊がF-4ファントムの運用を終えました。

2021年3月17日には、岐阜基地飛行開発実験団にてラストフライトを終え、日本においてすべての F-4が完全退役しま した。
ジンのパイロットウォッチ「 556. F-4 」 は、ドイツ製品らしい 端正なケースに、コックピットクロックの製作で培った視認性の高さを追求し、必要最小限の機能に特化したモデル「 オメガ スーパーコピー」を ベースに、ダイヤルに航空自衛隊でこの F-4 ファントムを装備していた8つの飛行隊の部隊マークが一堂に並んだ日本限定100本の限定モデルです。



サファイアクリスタル製の風防と20気圧の防水も備えた高スペックと、ソリッド感の高いデザインはそのままに、シースルーバックの裏蓋から見えるローターには、ファントムの公認キャラクター“ Spook(スプー ク)”が刻印されています。



また、ダイヤルと同様に8つの飛行隊の部隊マークのパッチを付けたヘルメットバックとインテグレーションカウレザー1本も付属されます。

【関連記事】:流行の単一の製品ど最新の組み合わせ

クラシックカーからインスピレー ションを得た、カール F. ブヘラ「ヘリテージ バイコンパックス アニュアル ルツェルン」

カール F. ブヘラのリミテッドエディション、「ヘリテージ バイコンパックス アニュアル ルツェルン」は、驚くべき歴史を持つクラシックカー、リンカーン コスモポリタン タウンカーからインスピレーションを得ている。この車は元々、創業者カール・フリードリッヒ・ブヘラの息子であるカール・エドアルド・ブヘラが所有していた。レディースギフトガイド長年の間に何代もオーナーが変わったが、2013 年にカール・エドアルドの息子ヨルグ・G・ブヘラがそのファミリーカーを買い戻して入念な修復作業を依頼し、往年の輝きを取り戻させた。新作は、修復された車から着想を得たカラーディテールが特徴で、ブヘラ家、素晴らしい車、カール F. ブヘラの故郷ルツェルンに敬意を表している。

インスピレーションを得た
リンカーン コスモポリタン タウン セダン



カール F. ブヘラ「ヘリテージ バイコンパックス アニュアル ルツェルン」は、41mm のSSケースに、フォールディングクラスプとクイックリリースシステムを備えたSS製ブレスレットを組み合わせている。さらにフォールディングクラスプ付きカーフレザーストラップが付属しており、こちらもクイックリリースシステムを備えているので、時計を着用するその日のスタイリングや予定に応じて、素早く簡単に付け替えることができる。
カール F. ブヘラ「ヘリテージ バイコンパックス アニュアル ルツェルン」
自動巻き(cal.CFB 1972)。47石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約42時間。COSC認定クロノメーター。SS(直径41mm、厚さ14.15mm)。30m防水。世界限定188本。104万5000円(税込み)。
 ダブルドーム型サファイアクリスタルから見えるシルバーカラーの文字盤には、クロノグラフの分積算計とスモールセコンドを配したライトブルーのサブダイヤル。それを引き立てるタキメータースケールはライトブルーのリング。ライトブルーは、ヨルグ・G・ブヘラが丹精込めて修復した車の色を彷彿とさせる。また文字盤には、4 時と 5 時の間に月の小窓、12 時の真下にはビッグデイトの窓もある。


「ヘリテージ バイコンパックス アニュアル ルツェルン」は、過去の優れたタイムピースを思い起こさせるが、時計の心臓部である機械式ムーブメントは最新版である。CFB 1972 キャリバー自動巻きクロノグラフのパワーリザーブは42 時間、30 日と 31 日の1 ヶ月の日数を考慮したアニュアルカレンダーは、年に一度、3 月1 日にのみ調整すれば良い機構だ。


【関連記事】:http://funakoshi.top

ブガッティのために作られたクロノグラフを落札、アンティークコレクションをさらに拡大


ブレゲ・ミュージアムおよびブレゲ社社長 兼 CEOのマークA. ハイエックは、2016年2月6日(土)にパリで行われたオークションで、ブガッティのために作られた類まれなるダッシュボード・クロノグラフを取得しました。このブレゲNo. 2023は、ブレゲがその歴史を通じて実証し続けてきた華麗で卓越した多様性を証明しています。


  このダッシュボード・クロノグラフNo. 2023は、クラシックカーファンなら見逃せないイベント、レトロモービル・エキシビションの最終日に行われたオークションでアールキュリアル社から取得したものです。この時計は、元々1932年にブガッティに販売されたもので、ブレゲがブガッティブランドのために特別にデザインした9個の自動車用時計の内の1つです。クロムメッキが施された直径67mmの金属ケースには、自動車産業向けに厳選されたタキメータースケールという複雑機構が搭載されています。クリーム色の文字盤には「Special pour Bugatti(ブガッティのために)」と記されており、1783年にデザインされた有名なブルースチールのブレゲ針が使用されています。また、No.2023 には6時位置にくり抜かれた開口部に分積算計が表示されています。このタイムピースは8日間のパワーリザーブを備えた機械式ムーブメントによって動き、6時位置にあるリューズを使って巻き上げます。今回のオークションでは、販売当時の専用ケースとともに出品されました。

  大戦時に作られたダッシュボード・クロノグラフNo.2023 には、ブレゲが行ってきた実に広範な活動が色濃く投影されています。海軍や航空業界向けの時計の製作に加え、ブレゲはその歴史を通じて自動車ブランドにも製品を供給していました。ブレゲは1930年代初め、顧客の一人で優れた自動車製造者であったエットーレ・ブガッティから時計を作って欲しいと依頼を受けました。ブガッティは自社の高級車「ロワイヤル」にタキメーター機能を備えたクロノグラフを搭載したいと思い、ハンドルの中央部に埋め込むデザインを考案しました。ブレゲは1775年の創業以来獲得してきた知識と技術をあますところなく組み込んだタイムピースを提供することで、彼の要求に応えました。



ブレゲは今回この貴重なタイムピースを取得したことで、既に豊富に取り揃えられているアンティーク時計のコレクションがさらに充実したものとなることをうれしく思っております。この時計の購入は、ブレゲ・マニュファクチュールの歴史的かつ文化的遺産を保存するという、社長兼CEOのマークA. ハイエックの強い願いの証です

【関連記事】:2021春夏コレクションからピックアップした注目

美しく、気高く輝く、A.ランゲ&ゾーネ『リトル・ランゲ1・ムーンフェイズ』|女性の手元にふさわしい新作デザイン

美しく、気高く輝く「MADE IN GERMANY」の永世名品時計が、エレガントに!|A.ランゲ&ゾーネ『リトル・ランゲ1・ムーンフェイズ』
時計愛好家たちの間から、「世界五大時計メゾン」のひとつに数えられている「A.ランゲ&ゾーネ」。hacopy 届く?そこには諸説ありますが、この孤高のブランドが時計界のヒエラルキーの頂に位置することには、誰も異論を唱えません。

「A.ランゲ & ゾーネ」のアイデンティティの中核には、創業地でもあるドイツ・グラスヒュッテに本社工房を構え、その地の伝統工芸に根ざしたウォッチメイキングを継承してきたという出自があります。

創業は1845年という古い歴史をもちながら、第二次世界大戦によってドイツが東西に分裂したため、長い歳月休眠していたという悲劇も経験しました。しかし、1990年にブランド復興を果たし、新たな歴史を紡ぎ始めました。

今年は久しぶりに、女性の手元にふさわしい新作を発表。メゾンのアイコンモデルにエレガンスを授け、名品の可能性を広げました。


時計『リトル・ランゲ1・ムーンフェイズ』¥5,357,000 ●ケース:WG ●ケース径:36.8mm ●ストラップ:レザー ●手巻き(A.ランゲ&ゾーネ)
オフセンターの時分表示と、「アウトサイズデイト」と呼ばれる大ぶりのカレンダー、ムーンフェイズ、そして動力の残量を示す「スーパーコピーブランド」が絶妙なバランスで配された唯一無二のデザイン。

その希有な存在感に、満天の夜空を想起させるロマンティックなダイヤルが美麗なエレガンスを授けて。

【おすすめの関連記事】:http://tomiyuki.top

2021新作 ベル&ロス「BR 03-94 パトルイユ・ド・フランス」

はじめに - 情熱が卓越性と出会うとき
 ベル&ロスは、常にミリタリーの歴史、デザイン、そして価値に情熱を注いできました。卓越性の探究において、ベル&ロスは航空機、特に航空計器を主要な専門分野としてきました。高性能と高精度という価値を共有し、ベル&ロスは特殊機能を搭載した時計のほか、特別な機会や記念日を祝した時計を開発することで精鋭部隊を応援してきました。

 いくつか例を挙げると、タイプ・デミナーは耐磁性ケースにより、地雷除去作業の際にも安全に装着できるようになりました。クロノメーターとノッチ、60分目盛付き両方向回転ベゼルを搭載したPilot Type Aérona-valeは、戦闘機パイロットのミッション遂行時の使用に理想的なモデルです。BR 03-92 GIGN、BR 01 RAIDやBR 03-92 TORNADOのフォトルミネセンス加工のインデックスと大きめの数字は、昼夜の視認性の要求に応えたモデルです。そして、多機能ムーブメントを搭載したBR 03 Type Aviationは、フランスの戦闘機パイロットの要求を満たすモデルなのです。

 長年にわたり、様々な陸、海、空軍に選ばれてきたことは、プロフェッショナルたちの使用に完璧にフィットするブランドの技術的専門知識や時計のクオリティーの高さに対するこの上ない賞賛です。プロ仕様の時計の設計と製造に参画し、最も高名なエリート部隊に時計を提供することでベル&ロスは歴史に貢献してきました。2021年は、ブランドにとって新たなマイルストーンとなります。


ベル&ロスの時計をパトルイユ・ド・フランスのパイロットに装備
 この度、アビエーションウォッチの代表的なブランドとして、armee de l'Air et de l'Espace(フランス航空宇宙軍)により「patrouille de France(パトルイユ・ド・フランス)」の公式な時計製造パートナーに選出されました。パトルイユ・ド・フランスは、フランス航空宇宙軍の公式なアクロバット飛行チームとして1953年に発足。彼らのミッションは、フランス航空宇宙軍の代表として、国際的にフランスの航空業界そしてフランスという国のアンバサダーとなることです。世界で最も高精度で芸術的なアクロバット飛行チームの一つと考えられるパトルイユ・ド・フランスは、67年以上にわたり世界各国の空を優美に、気品を持って飛行してきました。そして毎年、新しい世代のファンを魅了し続けています。

 9名のパイロットと35名のエンジニアによって構成されるパトルイユ・ド・フランスは、軍事的な正確さを持って年間のアジェンダをこなします。彼らの1年間は、集中的に訓練を行う冬期と、様々な航空ショーにおいて演技飛行を披露する夏期に分けられます。伝統的に、パリで開催される「Bastille Day(パリ祭)」パレードのオープニングを9機のアルファジェットで務めてきました。

 プロフェッショナルな栄誉の一つとして、パトルイユ・ド・フランスのロゴを掲げられることはベル&ロスにとって光栄なことです。パトルイユ・ド・フランスのためにベル&ロスが設計したプロ仕様のインストゥルメントは、非常に特殊なニーズも満たすことができるブランドの能力を証明しています。


厳しい環境に立ち向かう
 軍の要望や特殊な要求により、信頼性、視認性、機能性という点においてブランドは飛躍的に前進しました。軍事機関が時計を選出する際、ケース直径、特殊機能、防水性、昼夜の視認性、インデックスの読み取りやすさ、大きめの数字、精度、持続時間、耐衝撃性と耐熱性、耐磁ケース、回転ベゼルなど、各パラメーターが重要な要素となります。

 軍または民間のパイロットの生活は、時間によって区切られます。航空ショーでパイロットたちは時速300kmから800kmで飛行します。そして、他機との間隔はたった2~3mなのです。このスピードでは、わずかなミスが致命的となる可能性があります。パイロットにとっては、1秒1秒が極めて重要なのです。時間は、完璧な安全の中で操縦するための重要な要素です。彼らの時計は、このミリメーターの時間を操縦し、習得するための不可欠なツールです。

 ベル&ロスは、パイロットたちと緊密に連携をとり、彼らの任務におけるニーズに完璧に適応したクロノグラフBR 03-94 パトルイユ・ド・フランスを開発しました。



強いアイデンティティを携えたエンブレム
 この500本の限定モデルが一般にもリリースされます。BR 03-94 パトルイユ・ド・フランスの文字盤には「patrouille de France」のロゴが誇り高く、そしてエレガントに配されています。

 サークル型は、実戦部隊の結束と、様々な状況のあらゆる側面に取り組む能力を表しています。

 エンブレム背景のゴールドは、軍の記章で広く使用されている色です。9機のジェット機シルエットは、パトルイユ・ド・フランスの航空機、アルファジェットの前身のであるフーガ・マジス9機を想起させ、「Concorde」としても知られる、彼らの代表的な演技隊形を表しているのです。オーデマピゲ グリントロゴを包むトリコロール・バナーは、フランス航空宇宙軍の「アンバサダー」である飛行チームのフランス国旗カラーのスモークと進化するアクロバット飛行を象徴しています。

 ただのロゴ以上の意味を持つこのエンブレムは非常に象徴的であり、パイロットによって具現化される連帯、謙虚さ、正確さ、信頼性、規律、コントロールなどの価値を表しています。パトルイユ・ド・フランスのパートナーとして、ベル&ロスはこれらの価値を共有し、彼らと共にフランスの卓越した航空業界のアンバサダーを務めます。

 パトルイユ・ド・フランスの公式ロゴをダイヤルボトムとケースバックに刻印しています。


【おすすめの関連記事】:http://komoriya.top

ロレックス(ROLEX)それぞれの複雑機構に老舗の独創性と革新性が宿る


ロレックスは、世界初の防水性腕時計を作った、業界を牽引する腕時計メーカーです。どんな場面でも使いやすいシンプルなものから、きらびやかなものまで、幅広いデザインでラインアップ。また、全工程すべて自社内で完結しており、その高い性能から永く愛されています。



世界初の防水腕時計として名高い「初代オイスター」の系譜に連なるモデル。ケースやブレスレットには耐蝕性に優れる「オイスタースチール」が使用されています。

機械式自動巻きのムーブメントは精度はもちろんのこと、耐衝撃性や耐磁性などあらゆる面で進化を遂げた自社生産の「キャリバー3230」を採用。防水性能は100m/330フィートで、COSCより高精度クロノメーターとしての認定を受けています。



ホワイトのダイヤルにブラックのタキメーターベゼルを合わせた、スタイリッシュなデザインが魅力のメンズウォッチ。3・6・9時位置にミニカウンターが搭載されているのが特徴です。

ケースの素材にオイスタースチールを採用しているほか、ガラスに傷防止仕様のサファイアクリスタルを使用するなど堅牢性や耐食性に優れているのもポイント。レースドライバーをイメージした逸品で、プライベート使いにもおすすめです。

【関連記事】:http://fragments.top/

人間の想像力は無限大か!? 緻密で大胆すぎる4つの機械仕掛けの腕時計

世界から総勢65ブランドが出店する日本最大級の時計展「三越ワールドウオッチフェア」。限定品、稀少モデルなどとともに奥深き時計の魅力にドップリ浸れる13日間は8月15日(水)からスタート! そこで出会える、機械仕掛けの腕時計とは?

機械仕掛けというと、どこか人間味に欠け、無個性で面白みがないもののように思われがちだが、むしろ機械には個性が溢れている。

なぜならばそれを作ったのはほかならぬ人間であり、使うのも人間だからだ。ロレックス腕時計 価格設計者の意図や発想が形になり、使ううちに持ち主のクセも移る。

機械式時計もまさにそうだ。なかには信じられないほどの緻密さや大胆さを備えたものもある。いわばそれは、無限大な人間の想像力を示しているのだ。

BOVET
ボヴェ/エドアール・ボヴェ トゥ—ルビヨン
懐中時計の名残をとどめるダブルフェイス



K18ローズゴールドケース、46mm径、手巻き。4200万円[予価]/DKSHジャパン 03-5441-4515
懐中時計ではかつて工芸品として、表裏に多機能を備えた超複雑機構のものが作られてきた。その伝統に倣い、本作では表に時分針と昼夜表示のほか、北半球と南半球形を象った球面レリーフにそれぞれ24都市と連動した24時間表示タイムゾーンを設ける。そして裏に時分表示とパワーリザーブを備える。

6時位置に見えるフライングトゥールビヨンは、表裏から楽しめるダブルフェイス仕様。ロレックス 偽物さらにリバーシブル装着、ストラップを外してクロック、チェーンを着けて懐中時計として楽しめるなど、1本3役で活躍する。



裏面の時刻表示は表面と連動し、左に備えたパワーリザーブは10日間の長時間動作を誇る。ムーブメントのプレートには美しいハンドエングレービングが全面に施されている。


【関連記事】:あなたと暮らす、夏のファブリック

これぞアート! 圧倒的存在感を放つダイヤルを搭載した腕時計3選

ジックリ、ウットリ、眺めたい、思わず“鑑賞”してしまうアートな時計。圧倒的存在感を放つダイヤルから、もう目が離せません。

CARTIER
カルティエ/ロトンド ドゥ カルティエ ミステリアス デイ&ナイト
“お家芸”ミステリアス機構のデイ&ナイトに滲むロマン



K18PGケース、40mm径、手巻き。680万円/カルティエ 0120-301-757 © Cartier
午前7時から午後6時までは太陽が。そして、午後7時から午前6時までは月がダイヤル上半分に出現。24時間で1周するセンターのクリスタルディスクで時表示とデイ&ナイト表示を見事に組み合わせたミステリアス機構で、ダイヤル下半分はレトログラードミニッツに。

お家芸といえる複雑機構を組み合わせ、デフォルメされた天体の動きにロマンを滲ませる。カルティエ 時計また、ダイヤル下半分に施された放射状のギョーシェは、太陽の、あるいは月の光を思わせる、アートである。

GAGA MILANO
ガガ ミラノ/マヌアーレ 48MM スカルプチャー ゴールド&ダイヤモンド リミテッド エディション
個性派ケースにスカル彫刻とエングレービングが融合



世界限定30本。K18YGケース、48mm径、手巻き。320万円/ガガ ジャパン 03-6434-1516
懐中時計をベースに独自のラグを組み合わせ、ひと目でそれとわかる顔立ちを獲得した人気モデル、マヌアーレ。

限定モデルとして登場したのは、その名も「“スカル”プチャー」と、スカルと彫刻を意味する英語の駄洒落! イタリアのアルティザンが1点ずつ施したスカル彫刻ダイヤルと、アラベスクをエングレービングしたケースが融合し、ほかにない個性を発揮。

GUCCI
グッチ/G-タイムレス
おしゃれでポップに“猫もの”を楽しむなら



SSケース、38mm径、クオーツ。14万円/ラグジュアリー・タイムピーシズ ジャパン 03-5766-2030
あのツンデレ感がたまらない! と語ってやまないほどの猫派であれど、少々所持するのが憚られる“猫もの”。だが、グッチのそれなら話は別だ。

猫好きでも知られるアレッサンドロ・ミケーレが、本作のモチーフに選んだのはイエローゴールドカラーのキャットヘッド。シルバーカラーのケースや、ハート、スターなどのインデックスが実にポップでスタイリッシュ。堂々と可愛がってやりたいのだ。


【関連記事】:ビジネス用としても人気があります

TUDORのGMTもこの仲間。国際化する時代にこそ、かの地とツナガル時計

GMT、ワールドタイマー、デュアルタイム……など、呼び方も仕様もさまざまあるが、要するにふたつ以上の時刻を一本で表示できる時計がある。世界を股に活躍する男にとっては当然、実用的。そのうえ、大切な誰かがいる、もしくは重要な何かがある、「かの地」ともツナガルことができる。



左●TUDOR チューダー
ブラックベイ GMT
視認性の高さとスタイリッシュさを両立する注目GMT
2018年後半の日本腕時計界の話題をさらったのが、ロレックスのファミリーブランド、チューダーのローンチであろう。ひし形の針“スノーフレーク”を備えたダイバーズ「ブラックベイ」にラインナップした新作が、このGMTモデルだ。

ダイヤルの外周ギリギリまで伸びる、同じく“スノーフレーク”のGMT針が、陽極酸化加工によりバーガンディ&ブルーでデイ&ナイトを表す24時間ベゼルを示す。フランスの飾り紐工房が作る強度の高いファブリックストラップは、見た目のスタイルアップにも貢献してくれる。SSケース、41mm径、自動巻き。35万円/日本ロレックス 03-3216-5671

中●MONTBLANC モンブラン
モンブラン 1858 ジオスフェール リミテッドエディション1858
世界の時間を視覚的につかめる新感覚デザイン
地球儀の南北半球を模したデイ&ナイト表示付きの24時間計ドームを、それぞれ6時位置と12時位置に配置。視覚的に世界の時刻を大づかみできる新感覚デザインのワールドタイマー。

経年変化を楽しめるブロンズケースやベージュ夜光、4方位が刻まれたセラミックスベゼル、限定モデルに装着されるレザーカフなどに、ブランドが擁するヴィルレ工房の前身であるミネルバ社が支えた冒険家たちへのオマージュが滲む。そのミネルバ創立160周年記念モデルとなる。世界限定1858本。ブロンズケース、42mm径、自動巻き。71万円/モンブラン 0120-39-4810

右上●FRANCK MULLER フランク ミュラー
トノウ カーベックス マスターバンカー
3時刻を同時に読み取れる、銀行家のための時計
「世界の金融市場の時刻が瞬時にわかる時計が欲しい」という、友人の銀行家のひと言によってフランク・ミュラー御大が作ったブランドの看板モデルのひとつ。1つのムーブメントで3時刻を同時に表示できるのが特徴。また1本のリュウズで時刻調整ができる特許機構も画期的だ。

リュウズ1段目では、12時方向に回すと6時位置の時計の針が、6時方向に回すと12時位置の時計の針が進む。2段目では、中央のメイン時計を調整。世界への目配りが必要なビジネスパーソンには、この3タイムゾーン機構が重宝するはずだ。K18WGケース、縦45×横32mm、自動巻き。295万円/フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949

右下●IWC
パイロット・ウォッチ・タイムゾーナー・クロノグラフ
サマータイム表示も可能な独自の都市リングを装備
このワールドタイマーのハイライトは、サマータイムにも対応する特許取得の24都市リングを備えている点だ。サマータイム時は都市名の隣にある「S」マークにセットするだけでOK。原理としては1時間早めているだけだが、少しの工夫で抜群の使い勝手を獲得している。

回転式ベゼルを押し回して希望のタイムゾーンを選択する方式は、同社のダイバーズ「アクアタイマー」にも似た機構。定評ある自社製のフライバッククロノグラフキャリバーも搭載し、独自技術が詰まった一本に。SSケース、45mm径、自動巻き。137万5000円/IWC


【関連記事】:快適な旅を叶えるトラベル小物特集

スウォッチグループ『プレシャス・ウォッチ・コレクション2021』開催

11月30日(土)~ 12月1日(日)にかけて、ブレゲ、ブランパン、グラスヒュッテ・オリジナル、ジャケ・ドロー、オメガ、ロンジン、スウォッチの腕時計が一堂に集まるウォッチフェア『時計スーパーコピー』が銀座にて開催されている。

ブレゲ、オメガ、ロンジンなど全7ブランドを一堂にご覧いただける
 11月30日(土)と12月1日(日)の両日、スウォッチグループジャパンは、「時のランドマーク」銀座 ニコラス・G・ハイエック センターにブティックを置く7つのウォッチブランド(ブレゲ、ブランパン、グラスヒュッテ・オリジナル、ジャケ・ドロー、オメガ、ロンジン、スウォッチ)の腕時計を一堂にご覧いただけるウォッチフェア『Precious Watch Collection(プレシャス・ウォッチ・コレクション)2019』を開催する。会期中は、各ブランドの新作や、希少性の高い腕時計を取り揃え、同センター最上階のイベントホール「シテ・ドゥ・タン・ギンザ」にて、銀座の眺望とともに極上の逸品の数々を堪能できるものとなっている。



会場内では熟練のウォッチメーカー(時計技師)がお客様の腕時計を診断し、お手入れのアドバイスを行うなどのウォッチ・カウンセリング(無料)も実施予定のため、お持ちのお気に入り腕時計を持参しカウンセリングを受けてみてはいかがだろう。*カウンセリングはお一人様1回につき3本まで。オメガ スーパーコピーご希望のお客様が多数の場合は、一度にご確認頂ける時計の本数を限らせていただく事があります。
 なお、同センター1Fのアベニュー・ドゥ・タンでは、クリスマスイルミネーションも開始されるため、14F・1F共に、華やかな演出にてニコラス・G・ハイエック センターをお楽しみいただきたい。

【関連記事】:岩手県の最新ファッション情報

【2020新作時計】ルイ・ヴィトン「エスカル スピン・タイム メテオライト」

2009年に初登場して以来、時を伝える新たな手法として今ではすっかりメゾンの得意技となったスピン・タイムムーブメントを搭載したモデルにエクスクルーシブな素材を使った最新作が登場する。



自動巻き(Cal.LV77)。27石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約40時間。Ti×18KPG(直径41mm、厚さ11.2mm)。30m防水。584万円(税別)。


文字盤を囲むキューブが時を示す
「ルイ・ヴィトン エスカル スピン・タイム メテオライト」の最も大きな特徴は時針の代わりに12個のキューブが配されていることだろう。これらのキューブは回転し、時を告げる。ルイヴィトン時計レディースアイコニックなモチーフの数々は歴代のラゲージに採用されてきたものがインスピレーション源となっている。特許取得済みのこのデザインは、メゾンの時計製造アトリエ「ラ・ファブリク・デュ・タン・ルイ・ヴィトン」のマスター時計職人により全面的に社内で開発、製造されたものだ。
 スピン・タイムムーブメントが初登場したのは2009年。時計専門メーカーでないからこそ、自由な発想でものづくりに取り組むことができたのはルイ・ヴィトンというメゾンの豊かで自由な気風によるものではないだろうか。独創的で、他を圧倒するような存在感を見せるクラフトマンシップを誇るルイ・ヴィトン。キャリバーLV77は独自に開発された自動巻機械式ムーブメントで約40時間のパワーリザーブを有す。ケースはブラックPVDコーティングされたチタンで、そこに18Kピンクゴールドのベゼルを組み合わせる。ゴージャスかつ絶妙な色合わせは、洗練されたハイファッションブランドならではの魅力だ。



ケースとベゼルの色合わせがどの角度から見ても美しい。リュウズ部分は8角形になっており、デザイン製もさることながら、操作性までも計算されていると感じる。使うほどに腕になじむ、18KPGベゼルの柔らかな質感にダイアルのギベオン隕石が映える。



ナミビアで発見されたギベオン隕石を用いたダイアル。自然鉱石の持つ天然の地模様とキューブのカラーがあいまって複雑な美しさを構築している。


ギベオン隕石とは
 約4億5000万年前に地球に落下したとされる鉄隕石であり、現在のナミビアで発見された。ギボン隕石とも呼ばれ、隕石は現地人により、槍などの武器を作るために使用されていた。隕石は大気中に突入したときに爆発を起こし、数千の破片が落下したとされている。その総重量は2万6000kgと相当なものだ。化学成分としては鉄、ニッケル、コバルト、リン、ガリウム、ゲルマニウム、イリジウムなどから合成される。
「ルイ・ヴィトン エスカル スピン・タイム メテオライト」では誰もが印象的な網目状の模様に目を奪われるだろう。これはウィドマンシュテッテン構造といい、オクタヘドライト型隕石において見られる特有の構造によるものである。ニッケルの結晶が成長することによってできる。美しく複雑な模様は自然由来のものであり、見れば見るほど奥深く壮大な宇宙の神秘を感じずにはいられない。このギベオン隕石がより一層、この複雑な構造を持つタイムピースの存在価値を高めている。ギベオン隕石は加工の際に砕けやすいことから、卓越した熟練の職人技が要求され、ひとつの文字盤を完成させるためには丸2日の作業を要する。ストラップはブラックアリゲーターストラップ、バックルは18KPGのアーディヨンバックルだ。


【関連記事】:三重県の高級ブランド情報

「ジャケ・ドロー 新作時計展 2021」開催@ジャケ・ドロー ブティック銀座

18世紀、創業者ピエール-ジャケ・ドローが得意として作品に採用していた伝統装飾技術と、現代の新素材や複雑機械式時計製造技術を採用した独創的な時計を開発し続けているスイスの高級機械式時計ブランド、ジャケ・ドローは、2021年7月18日(土)~7月27日(月)まで、「ジャケ・ドロー新作時計展 2021」を、ジャケ・ドロー ブティック銀座にて開催する。



展示予定商品(画像左から)】グラン・セコンド パイヨン フルール・ド・リス(世界限定8本)、グラン・セコンド オフセンター ブラックジェイド(世界限定88本)、グラン・セコンド スケルトン プラズマセラミック、ラブィング・バタフライ・オートマトン チンチラ レッド(世界限定28本)、グラン・セコンド カンティーエーム バーガンディーエナメル、プティ・ウール ミニット タイガー(世界限定28本)、グラン・セコンド オフセンター クロノグラフ ブラックオニキス。


新作20点が国内最速で見られる
 2020年は、グラン・セコンド(Grande Seconde) に待望の新しいケースサイズ41mmが登場し、ジャケ・ドロー初のプラズマセラミックケースが採用されるなど、既存モデルが豊富なバリエーションを展開している。また、ダイヤルにも新色のカラーエナメルや、ブラックジェイドやチンチラ レッド ペトリファイド・ウッドなどの類稀な天然石を用いた限定モデルも数多く取り揃え、サンプルを含む新作20本を国内でいち早く揃えての展示となる。また、店内には、涼しさを感じさせる竹のオブジェに、夏の花々が施されており、自然を意識した空間で商品をご覧いただくことができる。是非この機会に、ジャケ・ドローの世界を感じられる直営店舗へ足をお運びいただきたい。

ジャケ・ドロー新作時計展 2021
会場:ジャケ・ドロー ブティック銀座
住所:東京都中央区銀座7-9-18 ニコラス・G・ハイエック センター 4F
電話: 03-6254-7288
営業時間:12:00~20:00(月~土) 12:00~19:00(日・祝)/定休日:不定休
※ ブティック内ではスタッフのマスク・グローブの着用、アルコール消毒・換気の徹底を行っております。また、混雑時にはブティック内の入場制限をさせていただく場合がございますので、ご来店予約をお勧めしております。何卒ご理解とご協力を下さいますようお願い申し上げます。

過去のアーカイブを基にデザインしたふたつのコルム「ゴールデンブリッジ40周年記念モデル」

コルムは、革新性を象徴する直線状のバゲット型ムーブメントが特長のコレクション「ゴールデンブリッジ」の誕生40周年を記念し、初代のレクタングルケースのデザインをベースにした2種類の限定モデルを発表した。

ゴールデンブリッジ誕生40周年記念モデル


腕時計を外観で選ぶことへのアンチテーゼとして、ムーブメント自体をデザインへと昇華させ、1980年に発表したコルムの「ゴールデンブリッジ」。動力ゼンマイから歯車、バランスホイールに至るまで、輪列と呼ばれる動力の伝達ルートが一直線にある、他にはない造形を描く美しいムーブメントを備えるタイムピースは、長い時計製造の歴史の中でも異彩を放っている。
 専門家からの評価も高く、ジャーナリスト兼時計専門メディア、クイル&パッド編集長のエリザベス・ドーア氏は次のようにコメントしている。「ゴールデンブリッジは、20世紀を代表する名作腕時計のひとつです。現在多くの時計メーカーが発表しているフルスケルトンモデルの先駆けだと言えます。繊細に手彫り装飾された一直線のムーブメントがそのまま時計にする驚くべき発想。ムーブメントの巧緻さ、美しさと、それを創り出す繊細な職人技を眺めることができる素晴らしい時計です。」この長く愛される名作の誕生を記念し、初代モデルと同じフォルムであるレクタングルケースをベースに特別な装飾があしらわれた記念モデルがリリースされる。



 1980年、著名な独立時計師であるヴィンセント・カラブレーゼとの共同開発よって誕生した「ゴールデンブリッジ」。当時、機械式時計産業が窮状に陥っていたにも関わらず、発表と同時に大成功を収めジュネーブで開催された国際発明展で優勝を獲得。技術的偉業としてコルムの名を押し上げた。全ての部品が単一のライン上に水平に整列し、従来のムーブメントよりも少ない部品数で構成されているその簡潔さこそが、比類のない独創的な時計として人々の心を引きつけている。

ゴールデンブリッジ レクタングル ハンドエングレービング



手巻き(Cal.CO113)。19石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約40時間。18KWG(縦42.20×横29.50mm、厚さ8.9mm)。30m防水。世界限定40本。560万円(税別)。
 ふたつ目は、ケースバック側のサファイアクリスタルにキー鍵のモチーフを施した「ゴールデンブリッジ レクタングル」。過去のアーカイブを基にした復刻デザインで、18K ローズゴールドのケースに、18Kローズゴールドを用いたガラス表面の装飾が合わせられた。ゴールド製のムーブメントが橋のように見えたことから名付けられたゴールデンブリッジの原点を感じさせる素材だ。誕生40周年を記念し世界限定40本が用意される。時計ケース内側の3時位置に限定番号が刻印される。

【関連記事】:奈良県のファッションブランド情報!

ピアジェ【2021 新作】緑豊かなメゾン発祥の地に着想を得た「アルティプラノ アルティメート コンセプト」

ケースの厚さがわずか2mmという世界最薄の機械式時計として登場し、2020年に製品化された「アルティプラノ アルティメート コンセプト」。2021年の新作は、メゾン発祥の地、ラ・コート・オ・フェの緑豊かな風景に着想を得て、グリーンを基調としたカラーリングが採用された。

メゾン発祥の地へのトリビュート
 ピアジェは、Watches & Wonders 2021の新作として「アルティプラノ アルティメート コンセプト」の新たなカラーリングを発表した。ロレックス腕時計 中古このモデルは2018年にコンセプトモデルとして発表された後、20年に市販化され、年々バリエーションを増やしている。ケースの厚さわずか2mmの機械式時計を作り上げ、それを市販化した事に業界全体が驚愕した。20年に開催された第20回ジュネーブ時計グランプリ(GPHG2020)において、最高峰の賞である「金の針賞」に輝いたことは記憶に新しい。



ピアジェ「アルティプラノ アルティメート コンセプト」
手巻き(Cal.910P-UC)。13石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約44時間。コバルト合金(直径41mm、厚さ2.0mm)。2気圧防水。4928万円(税込み)。
 薄型のムーブメント開発に力を注いできた同社の歴史は、1957年に完成したキャリバー「9P」に始まった。それから3年ごには、当時世界最薄を記録した自動巻キャリバー「12P」が登場。ロレックス デイトナ コピーその後は半世紀以上にわたり、自動巻き、スケルトナイズ、手巻きクロノグラフなどを搭載する機械式時計の分野において、幾度もの「世界最薄」という記録を作り上げてきた。アルティプラノ アルティメート コンセプトは、同社の長い歴史の集大成である。

 今作は、長い歴史を持つピアジェ発祥の地であるラ・コート・オ・フェへのトリビュートとして発表された。スイスのジュラ山脈に位置するこの村は、創設者ジョルジュ=エドワール・ピアジェが1874年に自身の名前を冠した時計ブランドを創設した場所である。ジュラ地方は自然豊かで丘陵や渓谷などがあり、特にラ・コート・オ・フェは森林に覆われ、春から夏にかけての青々とした景色から、グリーンカラーを時計に取り入れた。



 コバルト合金製のケースと一体になった地板に取り付けられたダイアルや、それを囲む受けなどにグリーンを取り入れ、アリゲーターストラップとカラーリングを合わせることで、コバルトとの美しいコントラストを生んでいる。2時位置と3時位置の間には、メゾンの創業年である“1974”という数字を刻んだ。

革ベルトの腕時計を選ぶメリット・デメリット

牛革やワニ革といった「天然皮革」によって作られる革ベルト。金属ブレスレットと同じく、ロレックス腕時計ラクマ時計ベルトの定番中の定番です。

革ベルトの魅力はなんといっても豊富なラインナップにあります。

革の素材だけでも、牛革、ワニ革など様々な素材があり、中には珍しい革から作られて高価な革ベルトも存在します。

カラーリングも豊富なことから、自分好みの個性を表現できることもポイントです。
まず革ベルトの特性と種類を知ろう
革ベルトはデザイン性に優れるベルトです。

金属ブレスレットに比べ価格が安く、革ベルトを交換して楽しめることが最大の魅力です。

カラーバリエーションだけでなく素材も多種多様なラインナップがあり、シーンによって時計をドレスチェンジさせることができます。

時計のファッション性を大きく向上させることができるので、お洒落好きな方に好まれるベルトだといえるでしょう。

■クロコダイル

腕時計の革ストラップの中では最高品質の位置づけであるクロコダイルレザー。クロコダイルレザーでしか味わえないウロコ模様は高級感に溢れます。また、使用する部位によって模様が異なり、「腹部は四角」「脇腹は丸みの帯びた見た目」をしています。
高級腕時計の革ベルトは大半がクロコダイルレザーが使われています。時計を購入する際、ベルト素材の欄に目立った記載がなく”レザーベルト”と書かれているだけの場合は、クロコダイルレザーが使われている事が多いです。

■コードバン

「革の王様」とも称される馬のお尻の革「コードバン」を使用した革ベルト。繊維が細かい為傷がつきにくく、長く使い込むほどに独特の風合いを楽しめます。クラシックな時計・アンティークウォッチなどにオススメの素材です。


■カーフ

カーフレザーとは生後6ヶ月以内の仔牛の革のこと。カーフは成牛革に比べ非常にキメが滑らかで美しく、キズも少ないのが特徴です。クロコダイルよりも控えめで上品な存在感はカジュアルシーンにピッタリ合います。

進化して磨きがかかる名作の堂々たる風格


腕時計SSケース、41mm径、自動巻き。71万円[予価]/カルティエ 0120-301-757、ニット9万8000円、パンツ10万5000円/ともにロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ ジャパン 03-5579-5182)
CARTIER
カルティエ/パシャ ドゥ カルティエ
今年のウォッチトピックスのなかでも、大きな部類に数えられるのが、1985年登場の名作「パシャ ドゥ カルティエ」の自社製ムーブメントを搭載した次世代機だろう。



上下左右4方向のみのアラビア数字インデックスと、正方形に取られた線路型分目盛りは、お馴染みのリンク付きリュウズカバーおよびセンターラグと相まって、ミニマルながらも個性的。インターチェンジャブルのストラップ交換システムを採用し、デイリーに使う楽しさも教えてくれる。

本格的なスペックはまさにキャンプに最適


腕時計35万7500円/タグ・ホイヤー 03-5635-7054、シャツ1万9800円、Tシャツ7590円/ともにワイドット バイ ノルディスク(ヒュッゲストア バイ ノルディスク 03-6661-4373)、パンツ2万2000円/フーディニ(フルマークス cs@full-marks.com)、スニーカー3万1900円/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン 0120-710-844)、テント16万2800円/ヒルバーグ(エイ アンド エフ 03-3209-7575)、チェア3万800円/ミニマルワークス(アンバイ ジェネラルグッズストア 03-6328-0577)
荷物を運んだりテントを設営したりと煩雑な作業が多いうえに、何かと水仕事も多いキャンプでは、タフネスと防水性を兼ね備えたダイバーズウォッチは、まさに打ってつけの時計だ。

ダイバーズウォッチは防水性を高めるために、全体的に武骨になりがち。しかし「アクアレーサー プロフェッショナル300」は、シャープな12角形の逆回転防止ベゼルのおかげで、堅牢ながらもスマートに見える。



1978年にタグ・ホイヤー初のダイバーズウォッチとしてデビューして以来、人気コレクションとなっている「アクアレーサー」がアップデート。12角形の逆回転防止ベゼルや書体、カレンダー位置、内側に配した日付拡大レンズなど、細部までブラッシュアップしており、洗練された印象に。新しいデザインのSSブレスは、その長さを最大1.5cmまで伸縮できる微調整システムを採用する。「アクアレーサー プロフェッショナル300」SSケース、43mm径、自動巻き。35万7500円/タグ・ホイヤー 03-5635-7054
本来ダイバーの酸素ボンベの残量を計測する際に用いるこの逆回転防止ベゼルは、キャンプ飯の調理時間を把握するのにも便利。さらに夜光塗料を塗布した針とインデックスはナイトシーンでも抜群の視認性を誇る。

ベゼルやダイヤルに取り入れられたブルーの色合いも美しく、カーキの服などとも合わせやすい。


実用時計としてはもちろん、アウトドアファッションを格上げするアイテムとしても取り入れたい。

【関連記事】​​​​​​​: 各種ブランド腕時計のメンテナンス

オリンピックの馬術選手が好きな腕時計おすすめ

パネライは、1860年に設立されたイタリアの高級腕時計ブランドです。現在はリシュモングループの傘下に所属。当初はイタリア海軍向けのダイバーズウォッチを取り扱っており、1993年からは一般向けの腕時計市場に参入しています。存在感のあるモデルを多く扱っており、腕元から無骨さをアピールできるのが魅力です。

パネライ(PANERAI) ラジオミール PAM01144

ムーブメントに手巻きメカニカル仕様のパネライ「P.1000」キャリバー が用いられている30代向けの腕時計。スーパーコピー時計インカブロック耐震機構が搭載されており、時間がずれにくいのが特徴です。また、3日間のパワーリザーブも備わっています。

サンブラッシュ仕上げが施されたブルーのダイヤルを採用。9時位置にはスモールセコンドが搭載されています。また、アワーマーカーとアラビア数字は夜光仕様で、暗闇でもはっきりと時刻を視認できるのが魅力です。

ストラップの素材にはダークブルーのアリゲーターレザーが用いられており、ダイヤルとカラーが統一されているのがポイント。また、10気圧の防水仕様で、機能性も兼ね備えているアイテムです。

パネライ(PANERAI) Luminor Marina PAM02392

3時位置に日付表示窓、9時位置にスモールセコンドを搭載した30代向けの腕時計です。6と12のみアラビア数字になっているのが特徴。パネライ 時計 中古発光仕様で、夜間でもはっきりと時刻が視認できます。

ケースの素材にはブラッシュドスティールを採用。ベゼルにはシルバーのポリッシュスティールが用いられています。また、ストラップにブラックのカーフが用いられており、デザイン性の高さもポイント。フォーマルシーンにおすすめのアイテムです。

オリンピック射撃選手が好きな腕時計おすすめ


ロンジン、スピリット。

お値段の方は、272,800円。

ロンジンの新作スピリットは、これまでのロンジンのモデルへのトリビュートとして誕生したということで、ブランドの思い入れを感じる1本ですね。

素朴なデザインではありますが、それだけに末永く使えるのではないかと思うのですがどうでしょう。

一生モノの腕時計と言えば、やはり毎日着けられるというのが大切になってきますからね。

秒針の先端のレッドカラーが文字盤の黒と相まって、いいアクセントになっております。

ここ最近、メディアなどでロンジンの腕時計を目にすることが多く、今後、人気が出てくるかもしれませんね。



ユンハンス、マックスビル、クロノスコープ。

お値段の方は、297,000円。

ユンハンスの人気シリーズ、マックスビルの機械式クロノグラフモデルになります。

落ち着いたデザインは、年齢問わず、フランクミュラー レディースいつまでも愛用できると思いますよ。

ステンレススチールのブレスレットもいいですが、汗が気にならない季節にはレザーストラップも非常に良く似合うでしょう。

ブラックベイ フィフティエイト925 2021年新作


チューダー ブラックベイ フィフティエイト925 Ref.79010SG

現段階でロレックスではラインアップされていない素材であるブロンズを先行して取り入れたチューダー。2016年に発表したブラックベイ ブロンズは好セールスを記録し現在もラインアップされている人気モデルです。そんなブラックベイに新たな素材が登場。今回はなんとシルバー925が使用されました。

シルバー925といえば、キングオブシルバーの異名を誇るクロムハーツで使用されている素材です。懸念される酸化においても、独自のコーティングを施すことで長期間にわたりシルバーの輝きが保たれているので安心して使用できます。

文字盤、ベゼルにはトープカラーと呼ばれる濃い灰色がかった茶色のカラーが施され落ち着いた印象を与えてくれます。ケースバックはチューダー(チュードル)としては珍しいシースルーバック仕様。ユーザーが今まで目にすることが無かったチューダーのムーブメントcal.MT5400が愉しめるのも魅力の1つといえるでしょう。

チューダー ブラックベイ セラミック Ref.79210CNU

こちらのブラックベイ セラミックのトピックは大きく2つ。チューダー(チュードル)初のブラックセラミックケースを搭載した点とMETAS(スイス連邦計量・認定局)によるマスタークロノメーター認定規格をパスしている点。セラミックケースの特徴としてあげられるのが耐傷性に優れ輝きが継続するところで、代表的なモデルとしてシャネルのJ12を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

こちらのブラックベイ セラミックは一部をポリッシュ仕上げとしている以外はマットな仕上げとなるためヘリテージの世界観を失わず落ち着いた印象を与えてくれます。

マスタークロノメーター認定規格は近年のオメガでお馴染みのクロノメーター規格を超えた厳格な基準で知られています。ロレックスグループ初のマスタークロノメーター認定ムーブメントの誕生といえるでしょう。

【関連記事】:おでかけスポットなどの情報も掲載しています

ページ移動