記事一覧

父の日オリンピックの馬術選手が父の腕時計を贈る

歴史的なヨット競技の大会であるアメリカズカップにおいて、オメガを知らない人はいない。過去25年間、オメガはパートナーシップを維持し、エミレーツ チーム・ニュージーランドのスポンサーでもある。オメガは今年、第36回アメリカズカップの公式タイムキーパーに任命されたことを発表。オメガ時計 メンズこの偉業を記念した限定モデル、オメガ シーマスター プラネットオーシャン 36th アメリカズカップ エディションを発表した。


 アメリカズカップを記念して時計を発表したのは今回が初めてではないが、このような限定モデルがシーマスター プラネットオーシャンで発表されたのは実は初だ(それ以前のモデルは、X-33とシーマスター ダイバー 300Mだった)。歴史的なヨットイベントの公式タイムキーパーに任命されたことは大きなニュースであり、それを記念して特別な時計が選ばれたというわけだ。通常のシーマスター プラネットオーシャン 600Mをお使いの方にとっては、この時計は使用感、フィット感、仕上げの点においてほとんど同じものである。しかし、この時計にはいくつかの特別なデザインが施されており、限定モデルにふさわしく、腕にはめているだけで楽しくなる仕上がりだ。


 この時計の詳細についてまず語るべきはサイズである。43.5mmと数値上は大きく感じるものの、ブランド側が言うように本当に重要なことは数字だけでは分からないのだ。角度の急なラグからラグまでの縦のサイズが比較的短い44.8mmである本機は、手首の上では41mmの時計に近いサイズ感である。これは普段42mmが限界だと感じる人にも対応する時計だと思う。白文字盤ながら本機は、手首の上で大きすぎたり気になるような感じはしなかった。


 私は、これまでシーマスター プラネットオーシャン 600Mの実機を試してみることはほとんど無かったけれど、この時計の品質の高さには本当に驚かされた。つまり、私が欠陥や何かを期待していたと言っているのではなく―結局のところこれはオメガなのだから―この時計が時計工学的に本当によくできた作品であると言わなければならない。確かな重厚感は品質を示す簡単なサインではあるものの、それ以上に深いものがあるのだ。ケースの面取りや曲面、サテンとポリッシュ仕上げを組み合わせた表面は、実際に観察してみると本当に素晴らしいものだった。ベゼルは、セラミックの一形態ではあるが(それについての詳細は後述)、ロレックスがセラクロムベゼルでもっているような光沢(ギラギラしたような)は無かった。

 文字盤のディテールも同様に印象的だ。アラビア数字は際立った立体感がある。文字盤の向きを変えると新たな視点が生まれて面白い。これは数字自体の大きさと関係があるのだと思う。文字盤が大きく、それに合わせて数字を大きくするのは簡単だったのではないかと思うかもしれないが、そうではない。実際には文字盤の残りの部分と比較して非常に控えめだが、これが機能するのは、メインではなく赤いアクセントとして成り立っているからだ。

【関連記事】​​​​​​​: 各種人気バッグ日常メンテナンス