記事一覧

ブラックベイ フィフティエイト925 2021年新作


チューダー ブラックベイ フィフティエイト925 Ref.79010SG

現段階でロレックスではラインアップされていない素材であるブロンズを先行して取り入れたチューダー。2016年に発表したブラックベイ ブロンズは好セールスを記録し現在もラインアップされている人気モデルです。そんなブラックベイに新たな素材が登場。今回はなんとシルバー925が使用されました。

シルバー925といえば、キングオブシルバーの異名を誇るクロムハーツで使用されている素材です。懸念される酸化においても、独自のコーティングを施すことで長期間にわたりシルバーの輝きが保たれているので安心して使用できます。

文字盤、ベゼルにはトープカラーと呼ばれる濃い灰色がかった茶色のカラーが施され落ち着いた印象を与えてくれます。ケースバックはチューダー(チュードル)としては珍しいシースルーバック仕様。ユーザーが今まで目にすることが無かったチューダーのムーブメントcal.MT5400が愉しめるのも魅力の1つといえるでしょう。

チューダー ブラックベイ セラミック Ref.79210CNU

こちらのブラックベイ セラミックのトピックは大きく2つ。チューダー(チュードル)初のブラックセラミックケースを搭載した点とMETAS(スイス連邦計量・認定局)によるマスタークロノメーター認定規格をパスしている点。セラミックケースの特徴としてあげられるのが耐傷性に優れ輝きが継続するところで、代表的なモデルとしてシャネルのJ12を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

こちらのブラックベイ セラミックは一部をポリッシュ仕上げとしている以外はマットな仕上げとなるためヘリテージの世界観を失わず落ち着いた印象を与えてくれます。

マスタークロノメーター認定規格は近年のオメガでお馴染みのクロノメーター規格を超えた厳格な基準で知られています。ロレックスグループ初のマスタークロノメーター認定ムーブメントの誕生といえるでしょう。

【関連記事】:おでかけスポットなどの情報も掲載しています