記事一覧

現在も精巧な機械式時計を比較的手頃な価格で提供し続けており

現在も精巧な機械式時計を比較的手頃な価格で提供し続けており、同ブランドは高騰を続けるスイス時計の中にあって良心的ともいえる存在。ここ日本では1930年代に人気を博しましたがその後市場から撤退。しかし2016年に再上陸を果たし、多くの傑作を手に入れることができるようになりました。経済的に無理をせず、自分を格上げできる本格的な機械式時計が欲しいという人にぴったりのブランド、それがなのです。
ウブロ クラシックフュージョン オーリンスキー ブラックマジック 550.CS.1800.RX.ORL21

こちらはケースや文字盤、ラバーストラップをブラックカラーで統一した「ブラックマジック」です。

これまでのクラシックフュージョンとは異なり、12角形のベゼルやラグ、そして文字盤全面にもダイヤモンドを彷彿させるファセット加工が施されており、キラキラと光を反射させ輝きを放ちます

型番550.CS.1800.RX.ORL21

機械自動巻き

材質名セラミック

ブレス・ストラップストラップ

タイプユニセックス

カラーブラック

文字盤材質セラミック

外装特徴シースルーバック

ケースサイズ40.0mm

ヴァンクリーフ&アーペルコピー アルハンブラ タリスマン ウォッチ VCARO30000

品番 VCARO30000
ケース直径:30 mm
ケースの厚さ:5.65
防水:3気圧
ブレスレットの素材:テクノロジカルサテン
バックルの種類:アルディロン バックル
躍動感
ムーブメントの種類:クオーツ
ムーブメント機能:時/分

フランスの国境沿いのスイスの都市、ル・ロックル。ここは、隣接するラ・ショー・ド・フォンとともに、スイス時計産業の中心地。など、名だたる時計ブランドがこの土地に工房を構えています。1918年に産声を上げ、現在この地を本拠地にしているのが何を隠そう『ミドー』です。栄枯盛衰の時計業界にあって、100年継続してきたその歴史は高い技術力と優れたデザイン力の賜物。1世紀にわたり、伝統の機械式時計にこだわり続けるその姿勢は、信頼に値するブランドとして確固たる地位を確立しています。


【関連記事】:女性が喜ぶ「ちょっとしたプレゼント」

コメント一覧